スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUMMERさんは最高のTOEICコーチだと思います。

DSC02718_convert_20131016223119.jpg
濱崎氏は留学とかの経験はないにもかかわらず働きながらTOEICで満点を連発出来るようになった凄い人です。2時間の通勤電車で毎日TOEIC模試を一つ終了するなど真の努力家です。もし僕が東京在住ならばぜひセミナーとかに参加してみたいと思っていました。今回のDVDで地方在住者の僕も彼の講義が体験できたので大満足です。初中級者がTOEICを時間内に回答する「適切なプロセス」を解説してくれています。ただし今回のDVDの主旨はあくまで解き方のプロセスの獲得が目的です。彼の講義は理路整然としてとても記憶には残りやすいですが2枚合計で3時間と短時間なので学習のボリュームは少ないです。だから2枚のDVDを見ればいきなり高得点が取れるとかはないです。本の購入と繰り返しの練習は必ず必要です。彼自身が沢山の本で学習してきたので様々な本を紹介していますが、すでに彼の自著「全力特急」や「990点攻略」が出版されているので僕は彼の本をお勧めします。特に「全力特急」は値段も安く音声も無料なだけではなくRパートの英文を再利用したパート5の練習問題がHPに大量に用意されています。一度は音読した英文なので簡単に解けるかと思ったのですが意外と間違えてしまいます。とてもいい練習になります。ところで、僕は彼のブログを読み始めて5年になります。彼の何事にも全力で取り組む姿勢が大好きです。もちろん彼のように満点を連発できる程の英語力を獲得できれば人生の可能性が広がると思います。さすがにそれは無理なのですが、でも何事にも全力で取り組めば人生の他の部分にいい影響が出ると思います!TOEICとは直接は関係ないけど、僕にはとてもいいことがありました。よく高校の運動部の顧問が「レギュラーになれなくても努力した事実が君達の人生を切り開く力になるんだ!」みたいな事を言いますよね。それって本当だと今は思います。いや、僕は帰宅部だったのでその経験はないんですけどね、大学受験とかもしてないので、客観的に測れる基準で自分の限界に挑戦したことはないのですが、この5年、900を目指してTOEICに挑戦しているのは、例えば甲子園出場!満点取れれば全国制覇!みたいな感じなのです。またTOEICを受けてると、実際に交流はしていなくてもなんか仲間がいる感じがしていいですよね。まあとにかく、僕にとっては英語学習は趣味のひとつですが、大学生とか若い方々にとってはマジで人生を左右します。もしも僕が大学生ならHUMMERさんの本を繰り返し勉強します。彼は最高のTOEICコーチだと思います。ところで、今回のDVDは「解答プロセスの獲得」が目的だったので問題数は少なめでした。「実践練習は紹介した書籍を購入してくださいね。」(大人の事情)という事なのだとは思います。でも僕は濱崎氏が好きなので、よりたくさんの問題の解説を動画で見たいので、もし次回作がありましたら「このTOEIC本が凄い問題演習編!」として問題数を増やして、かつ750点くらいの生徒を想定して生徒役の問題の正誤や講師役の適切な解説も含めて、ある程度は事前にシナリオを用意して、それに従って撮影して2枚のDVDに出来るだけたくさんの問題を収録して頂くと最高です!あいかわらず脈絡のない文章ですが、要するに僕が言いたいのは、全国の中学や高校の英語の先生達は、HUMMERさんのように情熱を持って教育に取り組んでくださいってことですね!=^-^=

スポンサーサイト

"A story of mischievous fox "

This is a very famous folk tale in Japan.Every Japanese child has to read this story.I rewrote this story to make it a little easier to understand, but I have not changed the storyline or the ending.I record my voice in Jpanese. If you need it. Please use it for your Japanese study.=^-^=
"A story of mischievous fox "
Please visit my lang-8 account.
http://lang-8.com/92944

The Shawshank Redemption

This is just a my opinion but I could say that in this word only two kinds of people exist. Those who like “The Shawshank Redemption" or and those who don’t. That is just my humble opinion, of course. However, this movie has very special meaning for me. Without this movie I would still hate English. After I watched this movie I fell in love the beautify of English sound, especially the voice of Morgan Freeman. I think he is my first real English teacher, of course I had some English teacher when I was in school, however, unfortunately I don’t like them at all. In those days, I was not yet realized the wonder of English. I was only watching the movie in dubed version not subtitle one. If you want to really enjoy the movies you should watch original sound. My listing ability was really improved after I stated watching movies in original voice. Although I still have trouble with grammar, however I think I will overcome it eventually because there are lots of help from all of my language exchange friends. I couldn’t say thank you enough for my gratitude for your help.=^-^=

This movie describes one innocent man who is imprisoned for twenty years and his struggle to survive. I sometimes shed tear during watching movies. It is sound stupid considering the fact I am guy, however, actually it is feel really good. If you could assimilate yourself with protagonist you can perceive the story as your own real experience. I have the urge to write down everything about this movie, but that would only deprive surprisement of this movie from you. I want you to feel the same feelings that I felt at the first time watching.So I shouldn’t do that. However, please allow me to write only one part of this movie. Inside the prison, there is a small library in which only few books and from all above that prisoners don’t want to read books from the beginning. The protagonist his name is Andy who tries to change the condition of it. He negotiated with the authorities and finally secured the fund to improve the facility of the library. Some of inmates can realize the joy of knowing something first time in their life. There is a young inmate who was caught stealing a TV. Andy tries to get him a high school diploma for his future. The reason I really like this part is because I also used to hate studying English but now I love it very much. I can really empathize this character. But I’ve never in prison, of course. Lol.

This movie is real master piece! If you were not yet seen it, I really recommend you!=^-^=

Please use the sound file for your Japanese study.=^-^=
MP3https://skydrive.live.com/redir?resid=AEEBD48230A50FD7!11664
完全な主観ですが、世の中には2種類の人間しかいないと思います。『ショーシャンクの空に』を、好きな人とそうではない人です。この映画を見た日から、嫌いだった英語が大好きになりました。英語の音の響きは本当に美しいと思います。特に、モーガンフリーマンの声が大好きです。僕にとって彼は真の英語教師です。実際には学生の時に何人もの英語教師がいたのですが、残念ながら、当時は英語の素晴らしさに気がついてはいなかったので、英語の先生の事も好きではありませんでした。映画も吹き替えで見ていました。やはり、映画を本当に楽しむならオリジナルのサウンドで見るべきですね。映画を字幕で見始めてから僕のリスニング力は飛躍的に向上したと思います。それでも、文法はまだまだ難しいですが、言語交換の友達の助けがあれば、いつかはマスターできると思います。本当に、皆様には感謝の言葉もございません。

この映画は無実の罪で20年も投獄された男の生存への戦いを描いています。男なのに、たまに映画を見て泣いてしまうのは少し恥かしいのですが、正直、泣いた後には、気分がスッキリします。主人公と一体化すると物語を自分の経験として疑似体験できます。この映画について、全部、書いてしまいたいという衝動に駆られていますが、もしも、そんなことをすると、まだ見てない方の喜びを奪ってしまうので、書くべきではないのですが、でも、どうか一つだけ紹介させてください。刑務所に小さな、ほんの少しの本しかない図書館があるのですが、そもそも囚人たちは本なんて読みたくもないのですが、主人公のアンディーは図書館を拡充しようと当局との交渉を粘り強く頑張るのです。リニューアルされた図書館で、やがて囚人たちも、彼らの人生で初めて何かを学ぶことの喜びを知るようになります。テレビ泥棒で捕まった若者がいるのですが、アンディーは、彼の将来の為に、彼に高卒の証明書を取らせようとします。僕が特に、このエピソードが好きな理由は、僕も昔は英語の勉強が嫌いだったのですが、今は大好きなので、彼にすごく感情移入できるのです。でも、もちろん刑務所に入ったことはありません。Lol

この映画は真の名作なので、もしまだ御覧になっていないのであれば、ぜひ見てくださいね。

Saying 91



https://skydrive.live.com/redir?resid=AEEBD48230A50FD7!10577
Twitesound is going to expired in three month , if you need sound file , plese use my Skydive

The successful man will profit from his mistakes and try again in a different way.
成功する者は失敗から学び、違う方法を試してみる。 Carnegie カーネギー

Haha, I see. I see. That is why, I always fail to accomplish a lot of things. You know, I think many people, myself included, have their own preference and tend to obsess over doing things their own way. For example, lots of people try to learn English by watching movies or TV dramas. However, if you want to pass a particular test, you should focus on the textbooks which were written specifically for that test. However, I often watch movies rather than tackle the text book. I have weak willpower.lol=^-^=

Quiz Show 

The other day, I saw a movie called Quiz Show. I am going to write about the story, so if you haven't watched this movie yet, please don’t read this post. This movie is based on a true story. If you read my blog posts about movies, you can find lots of reviews about those based on a true story. I love those movies. In this movie, one young protagonist who joined the Quiz Show was manipulated by a producer to cheat on the program. He ended up exposing the truth in public. After that incident, he lost everything. He, who originated from a famous family, lost his opportunity of becoming a professor in a University. This movie depicts how easily people lose their sense of judgments and perspective when faced with large sums of money.
先日、Quiz Show という、映画を見ました。ストーリーについて書くので、まだ見ていない人は、この投稿は読まないでください。この映画は、実話に基づいた映画です。もしも、僕のブログの映画のセクションを御覧になれば、沢山の実話をもとにした映画のレビューがあると思います。それらは僕の好みの映画なのです。この話は、一人の若者が、あるQuiz Showに出演して、番組のデレクターに誘われるままに不正を働いて、最後に世間にばれて全てを失ってしまうというスートーリーです。彼は元々、有名な家系の出身で、彼自身も大学の講師で、そのまま行けば大学教授の椅子が約束されていたのですが、賞金に眼が眩んでしまったのです。この映画は、人は目の前に大金を積まれると正常な判断力を失って、長期的な視点からの判断ができなくなってしまうことの恐ろしさを描いています。

Recently I have been posting my updates on Lang-8, rather than this blog. Everything I post is public, so you can see it without sending a friend request. Please use my posts to study your Japanese or English if you like.=^-^=

最近は、こちらのブログよりも、LANG-8に投稿しています。いつもパブリックで投稿しているので、友達申請なしでも見られますので、もしよろしければ、そちらをご覧ください。


http://lang-8.com/92944

This is so beautiful=^-^=

If we had a bank account that credited us with 86,400 dollars every day,
but then wrote off any unspent cash every evening, would you spend it?
Of course you would.
If you really had 86,400 dollars to spend every day
and it had to be spent or it would be lost...
you would use the lot!

Each of us has such an account.
It credits us with 86,400 seconds per day.
We cannot save any for the future.
This account carries no balance and allows no overdraft.
We use them or lose them.

To realize the value of ONE YEAR, to really understand the concept of a year,
ask a student who failed a year and had to repeat.

To realize the value of ONE MONTH,
ask a mother who gave birth to a premature baby.

To realize the value of ONE WEEK, ask the editor of a weekly newspaper.

To realize the value of ONE HOUR, ask two lovers who are waiting to meet.

To realize the value of ONE MINUTE,
ask a person who missed the last train.

To realize the value of ONE SECOND,
ask a person who just avoided a serious accident.

To realize the value of ONE MILLISECOND,
ask a person who won a silver medal in the Olympics.

31,500 seconds, give or take a few,
have already passed today.
There are 54,600 left...

The clock is running.
 Make the most of today.
 Time waits for no man.
 
 Yesterday is history.
 Tomorrow is a mystery.
 Today is a gift.
 That's why it is called the present.

saying 87 mp3

“When I was young, I thought that money was the most important thing in life; now that I am old, I know it is”. Oscar Wilde~若(わか)い頃(ころ)は、私(わたし)はお金(かね)こそが人生(じんせい)で最(もっと)も大切(たいせつ)なものだと思(おも)っていた。今(いま)、歳(とし)をとってそれが正(ただ)しいことを知(し)った。
MP3
https://skydrive.live.com/redir?resid=AEEBD48230A50FD7!10506

saying 86

Yesterday is history, Tomorrow is mystery, and Today is a gift.
That is why we call it present.”
昨日(きのう)は過去(かこ)。明日(あした)は未知(みち)。今日(きょう)は贈(おく)り物(もの)(プレゼント)。
だから「現在(げんざい)」(present)のことを「プレゼント」と呼(よ)ぶのです”

https://skydrive.live.com/redir?resid=AEEBD48230A50FD7!10507

This Japanese old folk tale story is very interesting.=^-^=

MP3 link
https://skydrive.live.com/redir?resid=AEEBD48230A50FD7!10561

饅頭怖い(まんじゅうこわい)

町で若者の寄り合いがありました。次から次へ恐いものを言い合いました。
「おれは蛇が恐い。あの動き方が嫌だ。」
「おれは狸が恐い。お化けに姿を変えるから。」
「おれはクモだ。クモの巣はねばねばする。」
「おれはコウモリだ。夜飛びまわる。」
「おれは毛虫だ。葉っぱの裏に隠れている。」
「おれはアリだ。一列になって動いている。」

みんな恐い物を話す中で一人だけ黙っている者がいました。
「おい、松ちゃん。恐いものはないのですか?」
「恐い! 恐いものなんか何もないよ。」
「蛇もクモもお化けも恐くないのですか?」
「そんなものは恐くないよ。」

「蛇、そんなものは頭が痛いとき、頭に巻けば涼しくなる。」
「たぬき、お化けが出たら、料理して、洗って綺麗いにしてやる。」
「クモ、納豆に混ぜてかき回してやる。」
「コウモリ、傘にしてやる。」
「毛虫、棒をさして歯ブラシにしてやる。」

と突然、話すのを止めてしまいました。
「どうしたんだ?」
「恐いものを思い出しました。」
「それはなんだい。ぜひ教えてください。」
「まんじゅうが恐い。」
「まんじゅう、それは、どういう動物ですか。」
「動物じゃないんだ。店で売っているものなんだ。ああ思い出しただけで気持ち悪くなる。」
顔色がみるみるうちに悪くなってきました。
「ああ、座っていられない。隣の部屋に布団をしいてくれ。」
床に入ると、とうとう毛布で顔をおおってしまいました。
これを見て、みんなは笑って、いたずらをすることにしました。 
数人が町へ出かけて色々なまんじゅうを買ってきました。酒饅頭、温泉饅頭、蕎麦饅頭、栗饅頭、赤饅頭、白饅頭、葬式饅頭、肉饅頭など色々です。
おぼんに饅頭を乗せると、こっそり彼の枕元に運び、気がつくのを待ちました。
「ねえ。松ちゃん。起きなよ。もうお開きだよ。」
「わかったよ。起きるよ。でも、もうまんじゅうのことは言わないでくれよ。」
「わかったよ。もう話さないよ。」

大きな叫び声が聞こえました。
「うわ、まんじゅうだ。まんじゅうが一杯だ。」
となりの部屋のみんなは大満足です。
「おいみんな、どうしてこんなことをするんだよ。約束しただろう。饅頭こわい。饅頭恐い。」
大きな声をあげれば上げるほど、みんな大喜び。
「うわ、酒饅頭だ。恐い、恐い。」
「うわ、栗饅頭だ。恐い、恐い。」
「うわ、饅頭恐い。おいし・・。こわい・・。」

様子のおかしいのに気がついて部屋の中を覗いてみました。
「うれしそうだよ。饅頭を喜んで食べているよ。だまされた。ねえ、松ちゃん、本当は一体何が恐いんだよ?」
「おいしい、お茶が恐い。」
彼は答えました。
Haha, he is so smart=^-^=

There was a gathering of young people in town. They began to talk about what they were afraid of one after another.
"I'm afraid of snakes. I don't like the way they move in a zigzag fashion."
"I'm afraid of badgers. They change into ghosts."
"I'm afraid of spiders. Their webs are very sticky."
"I'm afraid of bats. They fly at night."
"I'm afraid of caterpillars. They hide under a leaf."
"I'm afraid of ants. They move in a long line."

Everyone there but a young man spoke what he was afraid of. The man was lying down on a tatami mat.
"Mr. Pine. What are you afraid of?"
"Afraid! I have nothing to be afraid of."
"Aren't you afraid of snakes, spiders or ghosts?"
"Of course, not." said he, sitting up.
"A snake! When I have headache, I'll tie it around my head and it'll cool it down."
"A badger! If a ghost appears, I'll make it cook, wash and clean."
"A spider! I'll mix it into natto (fermented soybeans eaten in Japan) and stir it in."
"A bat! I'll make an umbrella of it."
"A caterpillar! I'll tie it on a stick and brush my teeth."
"Ants! I'll scatter them over rice instead of sesame seeds."
He suddenly stopped speaking.
"What's the matter?" asked one of his friends.
"I've remembered one thing I'm afraid of."
"What is it? Do tell me what you're afraid of."
"I'm, I am, afraid, of man-manjus (buns stuffed with sweetened paste). I am afraid of manjus."
"Manju? What kind of animal is it?"
"It's not an animal. It is sold at a candy store. Oh, the mere thought of it makes me feel sick."
His face became paler and paler.
"I can't sit up any more. Would you make me a bed in the next room?"
He went to the bed, covering his head with bedclothes.
Hearing and looking at him, everyone there smiled, discussed and decided to play a trick on him.
Some of them went out to town to buy manjus and returned with many kinds of manjus. Sake manju, hot spring ones, soba (buckwheat) ones, chestnut ones, red and white ones, ones eaten at a funeral, meat ones and so on.
They put them on a wooden try and carried the tray to the bed secretly and waited for him to notice it.
"Hey, Mr. Pine. Wake up! It's time we broke up this meeting."
"I see. I'll get up, but don't tell me about it any more."
"All right. We never talk about it."
There was a cry from the room.
"Oh, my God! It's a manju. So many manjus."
Everyone in the next room was satisfied to hear his cry.
"Shame on you! Why did you do that? You broke your promise. I'm afraid of manjus. Very afraid of manjus."
The louder he cried, the more they laughed at him.
"Oh, this is a sake manju. I'm afraid. afraid...."
"Oh, this is a chestnut manju. I'm afraid, afraid.... Oh, I am afraid of all manjus. Delici.... Afraid..... "
They noticed something was strange with him and peeped into the room.
"He looks happy. He is eating manju. We were tricked by him. Hey, Mr. Pine. What on earth are you afraid of?"
"I am afraid of a cup of delicious green tea."

I find one interesting Japanese old story.

Hi=^-^= I find one interesting Japanese old story. Honesty, I totally forgot about this story. So for me, reading this story is very refreshing. I recorded the Japanese. So please use them for your study.

http://soundcloud.com/toshiaki-jp/7ulunebzmvbb


http://twitsound.jp/musics/1631


雀と啄木鳥(すずめときつつき)
むかし、むかし、姉と妹がおりました。姉はキツツキ、妹はスズメと言う名前でした。
姉は、わがままで欲張りでした。妹は、親切で働き者でした。
ある日のことです。二人は,大きな呉服屋に着物の布を買いに行きました。ご主人は自分で着物を作るように薦め、二人は白い布を買いました。そして朝から晩まで、着物を縫いました。そして着物を染めようという時、『田舎の父が急病にて、すぐ帰れ。』という手紙が届きました。
妹はすぐに戻りたいと思いましが、姉は着物が出来あがるまでは戻らない、と言って、着物に没頭しました。
妹は、一人で帰ることにしました。川を越え、山を越え、谷を越え、白い着物はすっかり汚れてしまいました。でもやっとのことで、お父さんの死に目に会うことができました。
お父さんが亡くなってから数日後、姉がきれいな着物を着て戻ってきました。妹は、着物を自慢する姉を見て、とても悲しく思いました。すると、どこからとなく声が聞こえて来ました。
「キツツキよ、お前は父親より着物の方を選んだ。お前はきれいな着物をいつも着ててよいが、お前は、木をつついて虫を食べなければならない。
スズメよ、お前は、とても心やさしい。お前の着物は汚れてしまったが、お前は畑の作物はもちろん何でも食べてよかろう。」
声が終わるやいなや、二人は、啄木鳥と雀に変わっていました。
美しい啄木鳥は森の木をつついて虫を食べています。汚い雀は畑でいろいろなものを食べています

Long,long ago,there lived two sisters. The name,elder one was Kitsutsuki,or woodpecker and younger one was Suzume, or sparrow. The elder sister was selfish and avarice while the younger one was so kind and a hard worker.
One day,they went to a big shop of clothes to buy them. The master of the shop recommended them to make kimonos by themselves and they bought white cloths.They sewed kimonos very hard from morning through night. When they were about to dye the cloth, they received a letter saying that their father in their native home was very ill, so they should return soon.
The younger sister wanted to return at once. But the elder sister said she would never return until she finished a beautiful kimono and she was absorbed in her kimono.
So the younger sister was going to come back home alone. When she crossed the mountains,rivers and valleys, her white clothes turned dirty. But she at last returned home while her father was still alive.
Several days after her father died,the elder sister in a beautiful kimono came back home. The younger sister,who watched the elder sister who was proud of her kimono, felt very sad. Then a voice came out from somewhere:
"Kitsutusuki,you prefered kimono to your father, so you can always wear a beautiful kimono,but you must eat worms,pecking the trees.
Suzume,you were very kind to your father. Your clothes became very dirty but you can eat everything including the grains in the rice fields."
As soon as the voice finished,they became a woodpecker and a sparrow.
Now beautiful woodpeckers eat worms pecking the trees in the forests while dirty sparrows eat everything in the fields.

The Happy Prince

The Happy Prince幸福の王子 with MP3 fail.
I recorded my voice for people who are studying Japanese. 
There are some noises in the background and the quality is not so good, but please use it for your study!


http://soundcloud.com/toshiaki-jp/the-happy-prince-1


Oscar Wilde (1854-1900) オスカー・ワイルド作
Translation Copyright (C) 2000 Hiroshi Yuki (結城 浩)

High above the city, on a tall column, stood the statue of the Happy Prince. He was gilded all over with thin leaves of fine gold, for eyes he had two bright sapphires, and a large red ruby glowed on his sword-hilt.
町の上に高く柱がそびえ、その上に幸福の王子の像が立っていました。 王子の像は全体を薄い純金で覆われ、 目は二つの輝くサファイアで、 王子の剣のつかには大きな赤いルビーが光っていました。
He was very much admired indeed. “He is as beautiful as a weathercock,” remarked one of the Town Councillors who wished to gain a reputation for having artistic tastes; “only not quite so useful,” he added, fearing lest people should think him unpractical, which he really was not.
王子は皆の自慢でした。 「風見鶏と同じくらいに美しい」と、 芸術的なセンスがあるという評判を得たがっている一人の市会議員が言いました。 「もっとも風見鶏ほど便利じゃないがね」と付け加えて言いました。 これは夢想家だと思われないように、と心配したからです。 実際には彼は夢想家なんかじゃなかったのですが。
“Why can’t you be like the Happy Prince?” asked a sensible mother of her little boy who was crying for the moon. “The Happy Prince never dreams of crying for anything.”
「どうしてあの幸福の王子みたいにちゃんとできないの」 月が欲しいと泣いている幼い男の子に、賢明なお母さんが聞きました。 「幸福の王子は決して何かを欲しがって泣いたりしないのよ」
“I am glad there is someone in the world who is quite happy,” muttered a disappointed man as he gazed at the wonderful statue.
「この世界の中にも、本当に幸福な人がいる、というのはうれしいことだ」 失望した男が、この素晴らしい像を見つめてつぶやきました。
“He looks just like an angel,” said the Charity Children as they came out of the cathedral in their bright scarlet cloaks and their clean white pinafores.
「天使のようだね」と、 明るい赤のマントときれいな白い袖なしドレスを着た養育院の子供たちが聖堂から出てきて言いました。
“How do you know?” said the Mathematical Master, “you have never seen one.”
「どうしてそのようなことがわかるのかね」 と数学教師がいいました。 「天使など見たことがないのに」
“Ah! but we have, in our dreams,” answered the children; and the Mathematical Master frowned and looked very severe, for he did not approve of children dreaming.
「ああ、でも見たことはありますよ。夢の中で」 と子供たちは答えました。 すると数学教師は眉をひそめてとても厳しい顔つきをしました。 というのは彼は子供たちが夢を見ることはよろしくないと考えていたからです。
One night there flew over the city a little Swallow. His friends had gone away to Egypt six weeks before, but he had stayed behind, for he was in love with the most beautiful Reed. He had met her early in the spring as he was flying down the river after a big yellow moth, and had been so attracted by her slender waist that he had stopped to talk to her.
ある晩、その町に小さなツバメが飛んできました。 友達らはすでに六週間前にエジプトに出発していましたが、 そのツバメは残っていました。 彼は最高にきれいな葦に恋をしていたからです。 ツバメが彼女に出会ったのは春のはじめ、 大きくて黄色い蛾を追って川の下流へ向かって飛んでいたときでした。 葦のすらっとした腰があまりにも魅力的だったので、 ツバメは立ち止まって彼女に話しかけたのです。
Shall I love you?” said the Swallow, who liked to come to the point at once, and the Reed made him a low bow. So he flew round and round her, touching the water with his wings, and making silver ripples. This was his courtship, and it lasted all through the summer.
「君を好きになってもいいかい」とツバメは言いました。 ツバメは単刀直入に話すのが好きでした。 葦は深くうなずきました。 そこでツバメは、翼で水に触れながら彼女の周りをぐるぐると回り、 銀色のさざなみを立てました。 これはツバメからのラブコールで、それは夏中続きました。
“It is a ridiculous attachment,” twittered the other Swallows; “she has no money, and far too many relations”; and indeed the river was quite full of Reeds. Then, when the autumn came they all flew away.
「彼女はおかしな恋人だね」と他のツバメたちがぺちゃぺちゃ言いました。 「財産はないくせに、親戚は多すぎるときてる」 実際、その川は葦でいっぱいだったのです。 やがて、秋が来るとそのツバメたちもみんな飛んでいってしまいました。
After they had gone he felt lonely, and began to tire of his lady-love. “She has no conversation,” he said, “and I am afraid that she is a coquette, for she is always flirting with the wind.” And certainly, whenever the wind blew, the Reed made the most graceful curtseys. “I admit that she is domestic,” he continued, “but I love travelling, and my wife, consequently, should love travelling also.”
みんなが行ってしまうと、ツバメはさびしくなり、自分の恋人にも飽き始めました。 「彼女は何も話してくれないしな」ツバメは言いました。 「それに浮気っぽいんじゃないかと思うんだ。 だって彼女はいつも風といちゃついてるんだから」 確かに、風が吹くといつも、葦は最高に優美なおじぎをするのでした。 「彼女は家庭的なのは認めるけれど」とツバメは続けました。 「でも、僕は旅をするのが好きなんだから、僕の妻たるものも、 旅をするのが好きでなくっちゃ」
“Will you come away with me?” he said finally to her; but the Reed shook her head, she was so attached to her home.
とうとうツバメは「僕と一緒に行ってくれないか」と彼女に言いました。 でも葦は首を横に振りました。 彼女は自分の家にとても愛着があったのです。
“Will you come away with me?” he said finally to her; but the Reed shook her head, she was so attached to her home.
とうとうツバメは「僕と一緒に行ってくれないか」と彼女に言いました。 でも葦は首を横に振りました。 彼女は自分の家にとても愛着があったのです。
“You have been trifling with me,” he cried. “I am off to the Pyramids. Good-bye!” and he flew away.
「君は僕のことをもてあそんでいたんだな」とツバメは叫びました。 「僕はピラミッドに出発するよ。じゃあね」ツバメは飛び去りました。
All day long he flew, and at night-time he arrived at the city. “Where shall I put up?” he said; “I hope the town has made preparations.”
一日中ツバメは飛び、夜になって町に着きました。 「どこに泊まったらいいかな」とツバメは言いました。 「泊まれるようなところがあればいいんだけれど」
Then he saw the statue on the tall column.
それからツバメは高い柱の上の像を見ました。
“I will put up there,” he cried; “it is a fine position, with plenty of fresh air.” So he alighted just between the feet of the Happy Prince.
「あそこに泊まることにしよう」と声をあげました。 「あれはいい場所だ、新鮮な空気もたくさん吸えるし」 そしてツバメは幸福の王子の両足のちょうど間に止まりました。
“I have a golden bedroom,” he said softly to himself as he looked round, and he prepared to go to sleep; but just as he was putting his head under his wing a large drop of water fell on him. “What a curious thing!” he cried; “there is not a single cloud in the sky, the stars are quite clear and bright, and yet it is raining. The climate in the north of Europe is really dreadful. The Reed used to like the rain, but that was merely her selfishness.”
「黄金のベッドルームだ」ツバメはあたりを見まわしながらそっと一人で言い、 眠ろうとしました。 ところが、頭を翼の中に入れようとしたとたん、 大きな水の粒がツバメの上に落ちてきました。 「何て不思議なんだ!」とツバメは大きな声をあげました。 「空には雲一つなく、星はとてもくっきりと輝いているというのに、雨が降っているなんて。 北ヨーロッパの天候はまったくひどいもんだね。 あの葦は雨が好きだったが、それは単なる自己中心だったし」

Then another drop fell.
すると、もう一滴落ちてきました。
“What is the use of a statue if it cannot keep the rain off?” he said; “I must look for a good chimney-pot,” and he determined to fly away.
「雨よけにならないんだったら、像なんて何の役にも立たないな」とツバメは言いました。 「もっといい煙突を探さなくちゃ」 ツバメは飛び立とうと決心しました。

But before he had opened his wings, a third drop fell, and he looked up, and saw?Ah! what did he see?
でも、翼を広げるよりも前に、 三番目の水滴が落ちてきて、ツバメは上を見上げました。 すると何が見えたでしょうか。
The eyes of the Happy Prince were filled with tears, and tears were running down his golden cheeks. His face was so beautiful in the moonlight that the little Swallow was filled with pity.
幸福の王子の両眼は涙でいっぱいになっていました。 そしてその涙は王子の黄金の頬を流れていたのです。 王子の顔は月光の中でとても美しく、 小さなツバメはかわいそうな気持ちでいっぱいになりました。
“Who are you?” he said.
「あなたはどなたですか」ツバメは尋ねました。
“I am the Happy Prince.”
「私は幸福の王子だ」
“Why are you weeping then?” asked the Swallow; “you have quite drenched me.”
「それなら、どうして泣いているんですか」とツバメは尋ねました。 「もう僕はぐしょぬれですよ」
“When I was alive and had a human heart,” answered the statue, “I did not know what tears were, for I lived in the Palace of Sans-Souci, where sorrow is not allowed to enter. In the daytime I played with my companions in the garden, and in the evening I led the dance in the Great Hall. Round the garden ran a very lofty wall, but I never cared to ask what lay beyond it, everything about me was so beautiful. My courtiers called me the Happy Prince, and happy indeed I was, if pleasure be happiness. So I lived, and so I died. And now that I am dead they have set me up here so high that I can see all the ugliness and all the misery of my city, and though my heart is made of lead yet I cannot chose but weep.”
「まだ私が生きていて、人間の心を持っていたときのことだった」と像は答えました。 「私は涙というものがどんなものかを知らなかった。 というのは私はサンスーシの宮殿に住んでいて、 そこには悲しみが入り込むことはなかったからだ。 昼間は友人たちと庭園で遊び、夜になると大広間で先頭切ってダンスを踊ったのだ。 庭園の周りにはとても高い塀がめぐらされていて、 私は一度もその向こうに何があるのかを気にかけたことがなかった。 周りには、非常に美しいものしかなかった。 廷臣たちは私を幸福の王子と呼んだ。 実際、幸福だったのだ、もしも快楽が幸福だというならば。 私は幸福に生き、幸福に死んだ。 死んでから、人々は私をこの高い場所に置いた。 ここからは町のすべての醜悪なこと、すべての悲惨なことが見える。 私の心臓は鉛でできているけれど、泣かずにはいられないのだ
“What! is he not solid gold?” said the Swallow to himself. He was too polite to make any personal remarks out loud.
「何だって! この王子は中まで金でできているんじゃないのか」とツバメは心の中で思いました。 けれどツバメは礼儀正しかったので、個人的な意見は声に出しませんでした。
“Far away,” continued the statue in a low musical voice, “far away in a little street there is a poor house. One of the windows is open, and through it I can see a woman seated at a table. Her face is thin and worn, and she has coarse, red hands, all pricked by the needle, for she is a seamstress. She is embroidering passion-flowers on a satin gown for the loveliest of the Queen’s maids-of-honour to wear at the next Court-ball. In a bed in the corner of the room her little boy is lying ill. He has a fever, and is asking for oranges. His mother has nothing to give him but river water, so he is crying. Swallow, Swallow, little Swallow, will you not bring her the ruby out of my sword-hilt? My feet are fastened to this pedestal and I cannot move.”
「ずっと向こうの」と、王子の像は低く調子のよい声で続けました。 「ずっと向こうの小さな通りに貧しい家がある。 窓が一つ開いていて、テーブルについたご婦人が見える。 顔はやせこけ、疲れている。 彼女の手は荒れ、縫い針で傷ついて赤くなっている。 彼女はお針子をしているのだ。 その婦人はトケイソウ〔訳注:(passion-flower)この花の副花冠はキリストのいばらの冠に似ているという〕の花をサテンのガウンに刺繍しようとしている。 そのガウンは女王様の一番可愛い侍女のためのもので、 次の舞踏会に着ることになっているのだ。 その部屋の隅のベッドでは、幼い息子が病のために横になっている。 熱があって、オレンジが食べたいと言っている。 母親が与えられるものは川の水だけなので、その子は泣いている。 ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん。 私の剣のつかからルビーを取り出して、あの婦人にあげてくれないか。 両足がこの台座に固定されているから、私は行けないのだ」
“I am waited for in Egypt,” said the Swallow. “My friends are flying up and down the Nile, and talking to the large lotus-flowers. Soon they will go to sleep in the tomb of the great King. The King is there himself in his painted coffin. He is wrapped in yellow linen, and embalmed with spices. Round his neck is a chain of pale green jade, and his hands are like withered leaves.”
「私はエジプトに行きたいんです」とツバメは言いました。 「友人たちはナイル川に沿って飛びまわったり、大きな蓮の花に話しかけたりしています。 まもなく、みんなは偉大な王の墓の中で眠ります。 王もまた、そこの彩られた棺の中にいます。 王は黄色の亜麻布で包まれ、香料を使ってミイラになっています。 首には青緑色の翡翠の首飾りがかけられ、王の両手はまるでしおれた葉のようなんですよ」
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “will you not stay with me for one night, and be my messenger? The boy is so thirsty, and the mother so sad.”
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。 「もう一晩泊まって、私のお使いをしてくれないか。 あの子はとても喉が乾いていて、お母さんはとても悲しんでいるのだよ」
“I don’t think I like boys,” answered the Swallow. “Last summer, when I was staying on the river, there were two rude boys, the miller’s sons, who were always throwing stones at me. They never hit me, of course; we swallows fly far too well for that, and besides, I come of a family famous for its agility; but still, it was a mark of disrespect.”
「私は男の子が好きじゃないんです」とツバメは答えました。 「去年の夏、川のほとりにいたとき、二人の乱暴な男の子がおりました。 粉引きの息子たちで、二人はいつも僕に石を投げつけました。 もちろん一回も当たりませんでしたよ。 僕たちツバメはそういうときにはとてもうまく飛びますし、その上、僕は機敏さで有名な家系の出ですから。 でも、石を投げてくるっていうのは失礼な証拠ですよね」
But the Happy Prince looked so sad that the little Swallow was sorry. “It is very cold here,” he said; “but I will stay with you for one night, and be your messenger.”
でも、幸福の王子がとても悲しそうな顔をしましたので、小さなツバメもすまない気持ちになりました。 「ここはとても寒いですね」とツバメは言いました。 「でも、あなたのところに一晩泊まって、あなたのお使いをいたしましょう」
“Thank you, little Swallow,” said the Prince.
「ありがとう、小さなツバメさん」と王子は言いました。
So the Swallow picked out the great ruby from the Prince’s sword, and flew away with it in his beak over the roofs of the town.
そこでツバメは王子の剣から大きなルビーを取り出すと、 くちばしにくわえ、町の屋根を飛び越えて出かけました。
He passed by the cathedral tower, where the white marble angels were sculptured. He passed by the palace and heard the sound of dancing. A beautiful girl came out on the balcony with her lover. “How wonderful the stars are,” he said to her, “and how wonderful is the power of love!”
ツバメは、白い大理石の天使が彫刻されている聖堂の塔を通りすぎました。 宮殿を通りすぎるとき、ダンスを踊っている音が聞こえました。 美しい女の子が恋人と一緒にバルコニーに出てきました。 「何て素晴らしい星だろう」彼は女の子に言いました。 「そして愛の力は何と素晴らしいことだろう」
“I hope my dress will be ready in time for the State-ball,” she answered; “I have ordered passion-flowers to be embroidered on it; but the seamstresses are so lazy.”
「私のドレスが舞踏会に間に合うといいわ」と女の子が答えました。 「ドレスにトケイソウの花が刺繍されるように注文したのよ。 でもお針子っていうのはとっても怠け者だから」
He passed over the river, and saw the lanterns hanging to the masts of the ships. He passed over the Ghetto, and saw the old Jews bargaining with each other, and weighing out money in copper scales. At last he came to the poor house and looked in. The boy was tossing feverishly on his bed, and the mother had fallen asleep, she was so tired. In he hopped, and laid the great ruby on the table beside the woman’s thimble. Then he flew gently round the bed, fanning the boy’s forehead with his wings. “How cool I feel,” said the boy, “I must be getting better”; and he sank into a delicious slumber.
ツバメは川を越え、船のマストにかかっているランタンを見ました。 ツバメは貧民街を越え、老いたユダヤ人たちが商売をして、 銅の天秤でお金を量り分けるのを見ました。 やっと、あの貧しい家にたどり着くと、ツバメは中をのぞき込みました。 男の子はベッドの上で熱のために寝返りをうち、お母さんは疲れ切って眠り込んでおりました。 ツバメは中に入って、テーブルの上にあるお母さんの指ぬきの脇に大きなルビーを置きました。 それからツバメはそっとベッドのまわりを飛び、 翼で男の子の額をあおぎました。 「とても涼しい」と男の子は言いました。 「僕はきっと元気になる」そして心地よい眠りに入っていきました。
Then the Swallow flew back to the Happy Prince, and told him what he had done. “It is curious,” he remarked, “but I feel quite warm now, although it is so cold.”
それからツバメは幸福の王子のところに飛んで戻り、やったことを王子に伝えました。 「妙なことに」とツバメは言いました。 「こんなに寒いのに、僕は今とても温かい気持ちがするんです」
“That is because you have done a good action,” said the Prince. And the little Swallow began to think, and then he fell asleep. Thinking always made him sleepy.
「それは、いいことをしたからだよ」と王子は言いました。 そこで小さなツバメは考え始めましたが、やがて眠ってしまいました。 考えごとをするとツバメはいつも眠くなるのです。
When day broke he flew down to the river and had a bath. “What a remarkable phenomenon,” said the Professor of Ornithology as he was passing over the bridge. “A swallow in winter!” And he wrote a long letter about it to the local newspaper. Every one quoted it, it was full of so many words that they could not understand.
朝になると、ツバメは川のところまで飛んでいき、水浴びをしました。 「何と驚くべき現象だ」と鳥類学の教授が橋を渡りながら言いました。 「冬にツバメを見るなんて」 それから教授は、このことについて長い投書を地方新聞にあてて書きました。 みんながその投書を話題にしました。 でも、その投書は人々が理解できない単語でいっぱいでした。
“To-night I go to Egypt,” said the Swallow, and he was in high spirits at the prospect. He visited all the public monuments, and sat a long time on top of the church steeple. Wherever he went the Sparrows chirruped, and said to each other, “What a distinguished stranger!” so he enjoyed himself very much.
「今夜、エジプトに行きます」とツバメは言いました。 ツバメはその予定に上機嫌でした。 町中の名所をみな訪れてから、教会の尖塔のてっぺんに長い時間とまっていました。 ツバメが行くところはどこでもスズメがチュンチュン鳴いていて、 「素敵な旅人ね」と口々に言っていましたので、 ツバメはとてもうれしくなりました。
When the moon rose he flew back to the Happy Prince. “Have you any commissions for Egypt?” he cried; “I am just starting.”
月がのぼると、ツバメは幸福の王子のところに戻ってきました。 「エジプトに何かことづけはありますか」と声をあげました。 「もうすぐ出発しますから」
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “will you not stay with me one night longer?”
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。 「もう一晩泊まってくれませんか」
“I am waited for in Egypt,” answered the Swallow. “To-morrow my friends will fly up to the Second Cataract. The river-horse couches there among the bulrushes, and on a great granite throne sits the God Memnon. All night long he watches the stars, and when the morning star shines he utters one cry of joy, and then he is silent. At noon the yellow lions come down to the water’s edge to drink. They have eyes like green beryls, and their roar is louder than the roar of the cataract.
「私はエジプトに行きたいと思っています」とツバメは答えました。 「明日僕の友達は川を上り、二番目の滝へ飛んでいくでしょう。 そこではパピルスのしげみの間でカバが休んでいます。 そして巨大な御影石の玉座にはメムノン神が座っているんです。 メムノン神は、星を一晩中見つめ続け、 明けの明星が輝くと喜びの声を一声あげ、 そしてまた沈黙に戻ると言われています。 正午には黄色のライオンが水辺に水を飲みにやってきます。 ライオンの目は緑柱石のようで、 その吠え声は滝のごうごうという音よりも大きいんですよ」
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “far away across the city I see a young man in a garret. He is leaning over a desk covered with papers, and in a tumbler by his side there is a bunch of withered violets. His hair is brown and crisp, and his lips are red as a pomegranate, and he has large and dreamy eyes. He is trying to finish a play for the Director of the Theatre, but he is too cold to write any more. There is no fire in the grate, and hunger has made him faint.”
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。 「ずっと向こう、町の反対側にある屋根裏部屋に若者の姿が見える。 彼は紙であふれた机にもたれている。 傍らにあるタンブラーには、枯れたスミレが一束刺してある。 彼の髪は茶色で細かく縮れ、唇はザクロのように赤く、 大きくて夢見るような目をしている。 彼は劇場の支配人のために芝居を完成させようとしている。 けれど、あまりにも寒いのでもう書くことができないのだ。 暖炉の中には火の気はなく、空腹のために気を失わんばかりになっている」
“I will wait with you one night longer,” said the Swallow, who really had a good heart. “Shall I take him another ruby?”
「もう一晩、あなたのところに泊まりましょう」よい心をほんとうに持っているツバメは言いました。 「もう一つルビーを持っていきましょうか」
“Alas! I have no ruby now,” said the Prince; “my eyes are all that I have left. They are made of rare sapphires, which were brought out of India a thousand years ago. Pluck out one of them and take it to him. He will sell it to the jeweller, and buy food and firewood, and finish his play.”
「ああ! もうルビーはないのだよ」王子は言いました。 「残っているのは私の両目だけだ。 私の両目は珍しいサファイアでできている。 これは一千年前にインドから運ばれてきたものだ。 私の片目を抜き出して、彼のところまで持っていっておくれ。 彼はそれを宝石屋に売って、食べ物と薪を買って、 芝居を完成させることができるだろう」
“Dear Prince,” said the Swallow, “I cannot do that”; and he began to weep.
「王子様」とツバメは言いました。 「私にはできません」そしてツバメは泣き始めました。
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “do as I command you.”
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。 「私が命じたとおりにしておくれ」
So the Swallow plucked out the Prince’s eye, and flew away to the student’s garret. It was easy enough to get in, as there was a hole in the roof. Through this he darted, and came into the room. The young man had his head buried in his hands, so he did not hear the flutter of the bird’s wings, and when he looked up he found the beautiful sapphire lying on the withered violets.
そこでツバメは王子の目を取り出して、 屋根裏部屋へ飛んでいきました。 屋根に穴があいていたので、入るのは簡単でした。 ツバメは穴を通ってさっと飛び込み、部屋の中に入りました。 その若者は両手の中に顔をうずめるようにしておりましたので、 鳥の羽ばたきは聞こえませんでした。 そして若者が顔を上げると、 そこには美しいサファイアが枯れたスミレの上に乗っていたのです。
“I am beginning to be appreciated,” he cried; “this is from some great admirer. Now I can finish my play,” and he looked quite happy.
「私も世の中に認められ始めたんだ」若者は大声を出しました。 「これは誰か、熱烈なファンからのものだな。 これで芝居が完成できるぞ」若者はとても幸福そうでした。
The next day the Swallow flew down to the harbour. He sat on the mast of a large vessel and watched the sailors hauling big chests out of the hold with ropes. “Heave a-hoy!” they shouted as each chest came up. “I am going to Egypt”! cried the Swallow, but nobody minded, and when the moon rose he flew back to the Happy Prince.
次の日、ツバメは波止場へ行きました。 大きな船のマストの上にとまり、 水夫たちが大きな箱を船倉からロープで引きずり出すのを見ました。 箱が一つ出るたびに「よいこらせ!」と水夫たちは叫びました。 「僕はエジプトに行くんだよ!」とツバメも大声を出しましたが、誰も気にしませんでした。 月が出るとツバメは幸福の王子のところに戻りました。
“I am come to bid you good-bye,” he cried.
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “will you not stay with me one night longer?”
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。 「もう一晩泊まってくれませんか」
“It is winter,” answered the Swallow, “and the chill snow will soon be here. In Egypt the sun is warm on the green palm-trees, and the crocodiles lie in the mud and look lazily about them. My companions are building a nest in the Temple of Baalbec, and the pink and white doves are watching them, and cooing to each other. Dear Prince, I must leave you, but I will never forget you, and next spring I will bring you back two beautiful jewels in place of those you have given away. The ruby shall be redder than a red rose, and the sapphire shall be as blue as the great sea.”
「もう冬です」ツバメは答えました。 「冷たい雪がまもなくここにも降るでしょう。 エジプトでは太陽の光が緑のシュロの木に温かく注ぎ、 ワニたちは泥の中に寝そべってのんびり過ごしています。 友人たちは、バールベック寺院の中に巣を作っており、 ピンクと白のハトがそれを見て、クークーと鳴き交わしています。 王子様。僕は行かなくちゃなりません。 あなたのことは決して忘れません。 来年の春、僕はあなたがあげてしまった宝石二つの代わりに、 美しい宝石を二つ持って帰ってきます。 ルビーは赤いバラよりも赤く、 サファイアは大海のように青いものになるでしょう」
“In the square below,” said the Happy Prince, “there stands a little match-girl. She has let her matches fall in the gutter, and they are all spoiled. Her father will beat her if she does not bring home some money, and she is crying. She has no shoes or stockings, and her little head is bare. Pluck out my other eye, and give it to her, and her father will not beat her.”
「下のほうに広場がある」と幸福の王子は言いました。 「そこに小さなマッチ売りの少女がいる。 マッチを溝に落としてしまい、全部駄目になってしまった。 お金を持って帰れなかったら、お父さんが女の子をぶつだろう。 だから女の子は泣いている。 あの子は靴も靴下もはいていないし、何も頭にかぶっていない。 私の残っている目を取り出して、あの子にやってほしい。 そうすればお父さんからぶたれないだろう」
“I will stay with you one night longer,” said the Swallow, “but I cannot pluck out your eye. You would be quite blind then.”
「もう一晩、あなたのところに泊まりましょう」ツバメは言いました。 「でも、あなたの目を取り出すなんてできません。 そんなことをしたら、あなたは何も見えなくなってしまいます」
“Swallow, Swallow, little Swallow,” said the Prince, “do as I command you.”
「ツバメさん、ツバメさん、小さなツバメさん」と王子は言いました。 「私が命じたとおりにしておくれ」
So he plucked out the Prince’s other eye, and darted down with it. He swooped past the match-girl, and slipped the jewel into the palm of her hand. “What a lovely bit of glass,” cried the little girl; and she ran home, laughing.
そこでツバメは王子のもう片方の目を取り出して、下へ飛んでいきました。 ツバメはマッチ売りの少女のところまでさっと降りて、 宝石を手の中に滑り込ませました。 「とってもきれいなガラス玉!」その少女は言いました。 そして笑いながら走って家に帰りました。
Then the Swallow came back to the Prince. “You are blind now,” he said, “so I will stay with you always.”
それからツバメは王子のところに戻りました。 「あなたはもう何も見えなくなりました」とツバメは言いました。 「だから、ずっとあなたと一緒にいることにします」
“No, little Swallow,” said the poor Prince, “you must go away to Egypt.”
「いや、小さなツバメさん」とかわいそうな王子は言いました。 「あなたはエジプトに行かなくちゃいけない」
“I will stay with you always,” said the Swallow, and he slept at the Prince’s feet.
「僕はずっとあなたと一緒にいます」ツバメは言いました。 そして王子の足元で眠りました。
All the next day he sat on the Prince’s shoulder, and told him stories of what he had seen in strange lands. He told him of the red ibises, who stand in long rows on the banks of the Nile, and catch gold-fish in their beaks; of the Sphinx, who is as old as the world itself, and lives in the desert, and knows everything; of the merchants, who walk slowly by the side of their camels, and carry amber beads in their hands; of the King of the Mountains of the Moon, who is as black as ebony, and worships a large crystal; of the great green snake that sleeps in a palm-tree, and has twenty priests to feed it with honey-cakes; and of the pygmies who sail over a big lake on large flat leaves, and are always at war with the butterflies.
次の日一日、ツバメは王子の肩に止まり、 珍しい土地で見てきたたくさんの話をしました。 ナイル川の岸沿いに長い列をなして立っていて、 くちばしで黄金の魚を捕まえる赤いトキの話。 世界と同じくらい古くからあり、 砂漠の中に住んでいて、何でも知っているスフィンクスの話。 琥珀のロザリオを手にして、ラクダの傍らをゆっくり歩く貿易商人の話。 黒檀のように黒い肌をしており、大きな水晶を崇拝している月の山の王の話。 シュロの木で眠る緑の大蛇がいて、二十人の僧侶が蜂蜜のお菓子を食べさせている話。 広く平らな葉に乗って大きな湖を渡り、蝶といつも戦争しているピグミーの話。
“Dear little Swallow,” said the Prince, “you tell me of marvellous things, but more marvellous than anything is the suffering of men and of women. There is no Mystery so great as Misery. Fly over my city, little Swallow, and tell me what you see there.”
「可愛い小さなツバメさん」王子は言いました。 「あなたは驚くべきことを聞かせてくれた。 しかし、苦しみを受けている人々の話ほど驚くべきことはない。 度しがたい悲しみ以上に解きがたい謎はないのだ。 小さなツバメさん、町へ行っておくれ。 そしてあなたの見たものを私に教えておくれ」
So the Swallow flew over the great city, and saw the rich making merry in their beautiful houses, while the beggars were sitting at the gates. He flew into dark lanes, and saw the white faces of starving children looking out listlessly at the black streets. Under the archway of a bridge two little boys were lying in one another’s arms to try and keep themselves warm. “How hungry we are!” they said. “You must not lie here,” shouted the Watchman, and they wandered out into the rain.
ツバメはその大きな町の上を飛びまわり、 金持ちが美しい家で幸せに暮らす一方で、 乞食がその家の門の前に座っているのを見ました。 暗い路地に入っていき、ものうげに黒い道を眺めている空腹な子供たちの青白い顔を見ました。 橋の通りの下で小さな少年が二人、互いに抱き合って横になり、暖め合っていました。 「お腹がすいたよう」と二人は口にしていましたが「ここでは横になっていてはいかん」と夜警が叫び、二人は雨の中へとさまよい出ました。
Then he flew back and told the Prince what he had seen.
それからツバメは王子のところへ戻って、 見てきたことを話しました。
“I am covered with fine gold,” said the Prince, “you must take it off, leaf by leaf, and give it to my poor; the living always think that gold can make them happy.”
「私の体は純金で覆われている」と王子は言いました。 「それを一枚一枚はがして、貧しい人にあげなさい。 生きている人は、金があれば幸福になれるといつも考えているのだ」
Leaf after leaf of the fine gold the Swallow picked off, till the Happy Prince looked quite dull and grey. Leaf after leaf of the fine gold he brought to the poor, and the children’s faces grew rosier, and they laughed and played games in the street. “We have bread now!” they cried.
ツバメは純金を一枚一枚はがしていき、 とうとう幸福の王子は完全に輝きを失い、灰色になってしまいました。 ツバメが純金を一枚一枚貧しい人に送ると、 子供たちの顔は赤みを取り戻し、笑い声をあげ、通りで遊ぶのでした。 「パンが食べられるんだ!」と大声で言いました。
Then the snow came, and after the snow came the frost. The streets looked as if they were made of silver, they were so bright and glistening; long icicles like crystal daggers hung down from the eaves of the houses, everybody went about in furs, and the little boys wore scarlet caps and skated on the ice.
やがて、雪が降ってきました。 その後に霜が降りました。 通りは銀でできたようになり、 たいそう光り輝いておりました。 水晶のような長いつららが家ののきから下がり、 みんな毛皮を着て出歩くようになり、 子供たちは真紅の帽子をかぶり、氷の上でスケートをしました。
The poor little Swallow grew colder and colder, but he would not leave the Prince, he loved him too well. He picked up crumbs outside the baker’s door when the baker was not looking and tried to keep himself warm by flapping his wings.
かわいそうな小さなツバメにはどんどん寒くなってきました。 でも、ツバメは王子の元を離れようとはしませんでした。 心から王子のことを愛していたからです。 パン屋が見ていないとき、 ツバメはパン屋のドアの外でパン屑を拾い集め、 翼をぱたぱたさせて自分を暖めようとしました。
But at last he knew that he was going to die. He had just strength to fly up to the Prince’s shoulder once more. “Good-bye, dear Prince!” he murmured, “will you let me kiss your hand?”
でも、とうとう自分は死ぬのだとわかりました。 ツバメには、王子の肩までもう一度飛びあがるだけの力しか残っていませんでした。 「さようなら、愛する王子様」ツバメはささやくように言いました。 「あなたの手にキスをしてもいいですか」
“I am glad that you are going to Egypt at last, little Swallow,” said the Prince, “you have stayed too long here; but you must kiss me on the lips, for I love you.”
「あなたがとうとうエジプトに行くのは、私もうれしいよ、小さなツバメさん」 と王子は言いました。 「あなたはここに長居しすぎた。 でも、キスはくちびるにしておくれ。 私もあなたを愛しているんだ」
“It is not to Egypt that I am going,” said the Swallow. “I am going to the House of Death. Death is the brother of Sleep, is he not?”
「私はエジプトに行くのではありません」とツバメは言いました。 「死の家に行くんです。 『死』というのは『眠り』の兄弟、ですよね」
And he kissed the Happy Prince on the lips, and fell down dead at his feet.
そしてツバメは幸福の王子のくちびるにキスをして、 死んで彼の足元に落ちていきました。
At that moment a curious crack sounded inside the statue, as if something had broken. The fact is that the leaden heart had snapped right in two. It certainly was a dreadfully hard frost.
その瞬間、像の中で何かが砕けたような奇妙な音がしました。 それは、鉛の心臓がちょうど二つに割れた音なのでした。 ひどく寒い日でしたから。
Early the next morning the Mayor was walking in the square below in company with the Town Councillors. As they passed the column he looked up at the statue: “Dear me! how shabby the Happy Prince looks!” he said.
次の日の朝早く、市長が市会議員たちと一緒に、像の下の広場を歩いておりました。 柱を通りすぎるときに市長が像を見上げました。 「おやおや、この幸福の王子は何てみすぼらしいんだ」と市長は言いました。
“How shabby indeed!” cried the Town Councillors, who always agreed with the Mayor; and they went up to look at it.
「何てみすぼらしいんだ」市会議員たちは叫びました。 彼らはいつも市長に賛成するのです。 皆は像を見ようと近寄っていきました。
“Little better than a beggar,” said the Town Councillors.
「乞食とたいして変わらんじゃないか」と市会議員たちが言いました。
“And here is actually a dead bird at his feet!” continued the Mayor. “We must really issue a proclamation that birds are not to be allowed to die here.” And the Town Clerk made a note of the suggestion.
「それに、死んだ鳥なんかが足元にいる」市長は続けました。 「われわれは実際、鳥類はここで死ぬことあたわずという布告を出さねばならんな」 そこで書記がその提案を書きとめました。
So they pulled down the statue of the Happy Prince. “As he is no longer beautiful he is no longer useful,” said the Art Professor at the University.
そこで彼らは幸福の王子の像を下ろしました。 「もう美しくないから、役にも立たないわけだ」大学の芸術の教授が言いました。
Then they melted the statue in a furnace, and the Mayor held a meeting of the Corporation to decide what was to be done with the metal. “We must have another statue, of course,” he said, “and it shall be a statue of myself.”
溶鉱炉で像を溶かすときに、その金属を使ってどうするかを決めるため、 市長は市議会を開きました。 「もちろん他の像を立てなくてはならない」と市長は言いました。 「そしてその像は私の像でなくてはなるまい」
“Of myself,” said each of the Town Councillors, and they quarrelled. When I last heard of them they were quarrelling still.
「いや、私の像です」と市会議員たちがそれぞれ言い、口論になりました。 私が彼らのうわさを最後に聞いたときも、まだ口論していました。
“What a strange thing!” said the overseer of the workmen at the foundry. “This broken lead heart will not melt in the furnace. We must throw it away.” So they threw it on a dust-heap where the dead Swallow was also lying.
「おかしいなあ」鋳造所の労働者の監督が言いました。 「この壊れた鉛の心臓は溶鉱炉では溶けないぞ。 捨てなくちゃならんな」 心臓は、ごみために捨てられました。 そこには死んだツバメも横たわっていたのです。
“Bring me the two most precious things in the city,” said God to one of His Angels; and the Angel brought Him the leaden heart and the dead bird.
神さまが天使たちの一人に「町の中で最も貴いものを二つ持ってきなさい」とおっしゃいました。 その天使は、神さまのところに鉛の心臓と死んだ鳥を持ってきました。
“You have rightly chosen,” said God, “for in my garden of Paradise this little bird shall sing for evermore, and in my city of gold the Happy Prince shall praise me.”
神さまは「よく選んできた」とおっしゃいました。 「天国の庭園でこの小さな鳥は永遠に歌い、 黄金の都でこの幸福の王子は私を賛美するだろう」



おむすびころりん Omusubikororin

This text is written by them, Translation by Tom Ray and Hiromi Mochizuki,I just record my voice for someone who studies Japanese.=^-^=



MP3
http://kiwi6.com/file/88u3y5f66b
http://soundcloud.com/toshiaki-jp/mp3

おむすびころりん Omusubikororin
The Rolling Rice-cakes






page 2

むかし むかし おじいさん と おばあさん が いました。
ある 日(ひ)、 おじいさん は、 おばあさん に でっかい
おむすび を つくって もらい、 山(やま) へ 木(き) を
きり に でかけました。

--

むかし むかし おじいさん と おばあさん が いました。
Long long ago there was an old man and an old woman.

ある 日(ひ)、 おじいさん は、
One day, the old man,

おばあさん に でっかい おむすび を つくって もらい、
had the old woman make a large rice ball for him,

山(やま) へ 木(き) を きり に でかけました。
and went out to the mountain to cut trees.

--

でっかい = big
おむすび、お結び = rice ball
verb て + もらう = have someone do for you

page 4

とんかん とんかん 木 を きって
いる うち に おひる に なりました。
「さあて、 おなか が すいた。 めし に
でも する か。」
おじいさん は 木 の きりかぶ に
すわって、 おむすび の つつみ を
ひらきました。
その とたん、 おむすび が ころん と
おっこち、 ころころ ころがりました。
「こら まて、 おむすび どこ へ いく。」

--

とんかん とんかん 木 を きって いる うち に おひる に なりました。
Tonkan tonkan (tree cutting sound) while cutting trees it became lunch time.

「さあて、 おなか が すいた。
"Now, I am hungry.

めし に でも する か。」
So I am going to have a meal."

おじいさん は 木 の きりかぶ に すわって、
The old man sat down on a tree stump and,

おむすび の つつみ を ひらきました。
opened the rice ball package.

その とたん、 おむすび が ころん と おっこち、 ころころ ころがりました。
At that time, he dropped the rice ball korokoro (rolling sound), and it rolled.

「こら まて、 おむすび どこ へ いく。」
"Hey wait, where are you going rice ball."

--

とんかん とんかん = sound of cutting trees
うち に = while, during
めし = meal (used by men)
する か = expression for deciding to do something (used by men)
きりかぶ = stump (a)
すわる、すわります、すわって、座る = sit down
つつみ、包み = package (a)
ひらく、ひらきます、ひらいて、開く = open
その とたん = as soon as, at that time
ころん = rolling down sound
おっこちる、おっこちます、おっこちて、落っこちる = fall, drop
ころがる、ころがります、ころがって、転がる = roll
こら = hey!

page 6

おじいさん は あわてて おむすび を おいかけました。
おむすび は ころころ ころころ ころがって、
ころりん すっとん あな の なか に おちました。
「こりゃ こまった ぞ。」
おじいさん は なん ど も なか を
のぞきました。

--

おじいさん は あわてて おむすび を おいかけました。
The old man quickly ran after the rice ball.

おむすび は ころころ ころころ ころがって、
The rice ball was rolling and rolling and,

ころりん すっとん あな の なか に おちました。
kororin sutton (rolling and dropping into hole sounds) fell into a hole.

「こりゃ こまった ぞ。」
"This is trouble."

おじいさん は なん ど も なか を のぞきました。
The old man looked in again and again.

--

あわてる、あわてます、あわてて、慌てる = in a hurry
おいかける、おいかけます、おいかけて、追いかける = run after, chase
ころりん = rolling sound
すっとん = falling into hole sound
あな = hole
おちる、おちます、おちて、落ちる = fall, drop
こりゃ = this is = これ は (for old men)
こまる、こまります、こまって、困る = be troubled
なん ど も = many times, again and again
のぞく、のそきます、のぞいて、覗く = look into

page 9

する と、 かわいい ねずみ が でて きて、
「おじいさん、 おむすび ありがとう。」
と いいました。
「なん て かわいい ねずみ じゃ。」
おじいさん は くやしい の も わすれて
ねずみ を みつめました。
「おれい に おら たち の くに へ あんない します。」
「でも、 こんな 小(ちい)さな あな に は はいれない。」
「だいじょうぶ。 おら の しっぽ に つかまって、
目(め) を つぶって ください。」

--

する と、 かわいい ねずみ が でて きて、
Then, a cute mouse came out and,

「おじいさん、 おむすび ありがとう。」
"Old man, thank you for the rice ball."

と いいました。
he said.

「なん て かわいい ねずみ じゃ。」
"What a cute mouse!"

おじいさん は くやしい の も わすれて ねずみ を みつめました。
The old man forgot his disappointment and stared at the mouse.

「おれい に おら たち の くに へ あんない します。」
"In thanks I will guide you to our country."

「でも、 こんな 小(ちい)さな あな に は はいれない。」
"But, I can not enter such a small hole."

「だいじょうぶ。
"Ok.

おら の しっぽ に つかまって、 目(め) を つぶって ください。」
Please hold my tail and close your eyes."

--

じゃ = isn't it (for old men)
なん て = emphasis
くやしい、悔しい = disappointing
くやしがる、くやしがります、くやしがって、悔しがる = regret, feel bitter
わすれる、わすれます、わすれて、忘れる = forget
みつめる、みつめます、みつめて、見つめる = stare at
おれい = reward, thanks
おら = me
くに = country
あんない、案内 = guidance, guide, show
こんな = such a
しっぽ = tail
つかまる、つかまります、つかまって = catch, hold
つぶる、つぶります、つぶって = close

page 11

おじいさん は、 ねずみ の
しっぽ を つかんで 目 を つむりました。
すると なん だ か いい きもち に なって、
ふわふわ すすんで いきました。
「はあい、 目 を あけて。」
ねずみ が いいました。 はっ と して 目 を あけたら、
なん と ごてん の ような いえ が あって、 ひろい
だいどころ で ねずみ たち が おもち を ついて いました。

--

おじいさん は、 ねずみ の しっぽ を つかんで 目 を つむりました。
The old man grabbed the mouse's tail and closed his eyes.

すると なん だ か いい きもち に なって、 ふわふわ すすんで いきました。
Then he was overcome with a good feeling, and fuwafuwa (sound of flying)
they went ahead.

「はあい、 目 を あけて。」
"Yes, please open your eyes."

ねずみ が いいました。
the mouse said.

はっ と して 目 を あけたら、
When he became aware and opened his eyes,

なん と ごてん の ような いえ が あって、
it was a house like a palace, and

ひろい だいどころ で ねずみ たち が おもち を ついて いました。
mice were making rice cakes in a large kitchen.

--

つかむ、つかみます、つかんで、掴む = grab (with hand)
つむる、つむります、つむって = same as つぶる = close
すすむ、すすみます、すすんで、進む = go forward, go ahead
ふわふわ = sound of soft touching, or sound of flying
すると = then
はっ と する = to become aware
ごてん = palace
ような = like (this is like that)

page 13

ねずみ たち は おもち を
つき ながら、 こえ を あわせて
うたいました。
百(ひゃく) に なって も 二(に)百 に なって も
にゃんこ の こえ は きき たくない
子(こ)ども の だい に なって も
まご の だい に なって も
にゃんこ の こえ は きき たくない
ぺったん ぺったん ぺったんこ

--

ねずみ たち は おもち を つき ながら、 こえ を あわせて うたいました。
While making the rice cakes, the mice were singing together.

「百(ひゃく) に なって も 二(に)百 に なって も
"We become a hundred, and we become two hundred and

にゃんこ の こえ は きき たくない
we don't want to hear a cat's voice

子(こ)ども の だい に なって も
we become the children's generation and

まご の だい に なって も
we become the grandchildren's generation and

にゃんこ の こえ は きき たくない
we don't want to hear a cat's voice

ぺったん ぺったん ぺったんこ」
pettan pettan pettanko (sound of hitting soft thing)"

--

あわせる、あわせます、あわせて、合わせる = to come together
にゃんこ = slang for cat
だい、代 = generation
まご、孫 = grandchild
ぺったん = sound of hitting soft thing

page 14

おじいさん が にこにこ して みて いる と
さっき の ねずみ が でて きて、 おじいさん を
ざしき に つれて いきました。
ねずみ たち は つき たて の おもち を
どんどん はこんで きて、
「さあ、 くえ、 くえ。」
と いいました。
おじいさん は おなか の かわ が やぶれる
ほど おもち を たべました。

--

おじいさん が にこにこ して みて いる と
さっき の ねずみ が でて きて、
When the old man was smiling and looking
the previously mentioned mouse came out, and

おじいさん を ざしき に つれて いきました。
took the old man to a room with tatami mats.

ねずみ たち は つき たて の おもち を
どんどん はこんで きて、
The mice brought more and more of the rice cakes they had just made, and

「さあ、 くえ、 くえ。」
"Eat, eat!"

と いいました。
the mice said.

おじいさん は おなか の かわ が やぶれる ほど おもち を たべました。
The old man ate rice cakes as if his stomach were torn (had no limit).

--

さっき = the previously mentioned ...
ざしき = a room with tatami mats
つれて いく = take
つき たて = just (recently) made
どんどん = more and more
はこぶ、はこびます、はこんで、運ぶ = carry
かわ = skin
やぶれる、やぶれます、やぶれて = tear, break
ほど = as if

page 16

「そろそろ かえらなく ちゃ。」
おじいさん が いったら、 ねずみ たち は おもち と
いっしょに つづら の なか の 小(こ)ばん を どっさり
くれました。
「おじいさん、 おむすび を ありがとう。
これ は おみやげ です。」

--


「そろそろ かえらなく ちゃ。」
おじいさん が いったら、
When the old man said
"It is time to go back."

ねずみ たち は おもち と
いっしょに つづら の なか の 小(こ)ばん を どっさり くれました。
the mice gave him a basket of many gold coins together with rice cakes.

「おじいさん、 おむすび を ありがとう。
"Old man, thank you for the rice ball.

これ は おみやげ です。」
This is a souvenier."

--

そろそろ = time to do something
つづら = basket
こばん = gold coins
どっさり = many
くれる、くれます、くれて = give
おみやげ = souvenier

page 17

おじいさん が ねずみ の しっぽ に
つかまる と、 また いい きもち に なり、
いつのまにか じぶん の いえ の まえ に たって いました。

--

おじいさん が ねずみ の しっぽ に つかまる と、
The old man grabbed the tail of the mouse, then

また いい きもち に なり、
again a good feeling came over him,

いつのまにか じぶん の いえ の まえ に たって いました。
suddenly he was standing in front of his own house.

--

いつのまにか = without noticing

page 19

さて、 この はなし を
きいた となり の よくばり じいさん。
「わし も ねずみ の ごてん へ いって くる。」
と いって 大(おお)きな おむすび を つくり、
山 へ でかけました。
「ここ だ、 ここ だ。」
おじいさん は あな を みつける と、 なか へ
おむすび を なげこみました。

--

さて、 この はなし を きいた となり の よくばり じいさん。
And then, the greedy old neighbor man listened to the story.

「わし も ねずみ の ごてん へ いって くる。」
"I will also go to the mouse palace."

と いって 大(おお)きな おむすび を つくり、 山 へ でかけました。
he said and made a big rice ball and went out to the mountain.

「ここ だ、 ここ だ。」
"Here, here."

おじいさん は あな を みつける と、
なか へ おむすび を なげこみました。
The old man found the hole and
threw in the rice ball.

--

さて = and then
よくばり = greedy
あな = hole
みつける = find
なげこむ、なげこみます、なげこんで、投げ込む = throw in

page 21

「はやく でて こん か。」
おじいさん が いらいら して まって
いたら、 かわいい ねずみ が でて きました。
「おじいさん、 おむすび、 ありがとう。」
「おれい なんか いわんで も いい。 はやく
ねずみ の ごてん へ つれて いけ。」
おじいさん は、 いきなり ねずみ の しっぽ を
つかん で 目 を つむりました。

--

「はやく でて こん か。」
"Come out quickly!"

おじいさん が いらいら して まって いたら、
While the old man waited, he became irritated, and

かわいい ねずみ が でて きました。
a cute mouse came out.

「おじいさん、 おむすび、 ありがとう。」
"Old man, thank you for the rice ball."

「おれい なんか いわんで も いい。
"You don't have to thank me.

はやく ねずみ の ごてん へ つれて いけ。」
Quickly take me to the mouse palace."

おじいさん は、
いきなり ねずみ の しっぽ を つかん で 目 を つむりました。
At once the old man grabbed the mouse's tail and closed his eyes.

--

こん か = こい = comannd to come, こん か old people form
いらいら する = iritate
おれい、お礼 = thank, a reward, a bow
いわんで も いい = you don't have to say
つれる、つれます、つれて、連れる = take
いけ = command form of いく
いきなり = at once, immediately

page 22

どこ を どう やって もぐった の か、 目 を あける と
ごてん の ような いえ が あり、 ねずみ たち が
うたい ながら おもち を ついて いました。

--

どこ を どう やって もぐった の か、
(He didn't remember) where or how they dived in,

目 を あける と ごてん の ような いえ が あり、
he opened his eyes and there was a house like a palace,

ねずみ たち が うたい ながら おもち を ついて いました。
the mice were singing while pounding rice cakes.

--

どう = how
やる、やります、やって = do
もぐる、もぐります、もぐって、潜る = dive, get into

page 23

百 に なって も 二百 に なって も
にゃんこ の こえ は きき たくない
子ども の だい に なって も
にゃんこ の こえ は きき たくない
ぺったん ぺったん ぺったんこ

--

百 に なって も 二百 に なって も


にゃんこ の こえ は きき たくない 子ども の だい に なって も


にゃんこ の こえ は きき たくない


ぺったん ぺったん ぺったんこ

[same as page 13]

--


page 25

(よっぽど ねこ が こわい と みえる。)
おじいさん は にやっ と わらう と、
ざしき へ のぼりました。
(どのくらい 小ばん を くれる かな。 いや
いや ぜんぶ もって いかなく ちゃ。)
おじいさん は とこのま の つづら ばかり
みつめて いました。
(そう だ。 ねこ の なきごえ を すれば
いい。 ねずみ たち が にげたら、 つづら の
小ばん は みんな おら の もの。)

--

(よっぽど ねこ が こわい と みえる。)
(they look like they are greatly frightened by cats.) he thinks

おじいさん は にやっ と わらう と、 ざしき へ のぼりました。
The old man grinned and climbed up into the tatami room.

(どのくらい 小ばん を くれる かな。
(I wonder how much money they will give me.

いや いや ぜんぶ もって いかなく ちゃ。)
No no I must carry everything back.)

おじいさん は とこのま の つづら ばかり みつめて いました。
The old man was staring at the wicker basket on the alcove (tokonoma).

(そう だ。 ねこ の なきごえ を すれば いい。
(That's it. It would be good if I make the sound of a cat.

ねずみ たち が にげたら、 つづら の 小ばん は みんな おら の もの。)
When the mice run away, the money in the wicker basket will all be mine.)

--

よっぽど = very, greatly
みえる = look
にやっ と わらう = grin
ざしき = tatami room
のぼる、のぼります、のぼって、登る = to climb up
どのくらい = how much
小ばん、こばん = money (old days)
くれる = give me
とこのま = an alcove (in a Japanese house), place for ornaments, usually raised
つづら = wicker basket
ばかり = only
みつめる、みつめます、みつめて、見つめる = stare
なきごえ = the voice of an animal, roar, call, bark, mew, chirp
すれば = if (I) do
にげる、にげます、にげて、逃げる = run away
みんな = same meaning as ぜんぶ

page 27

おじいさん は おもいっきり
こえ を だして、
にゃおう!
と いいました。 とたん に あたり が
まっくら に なり、 ねずみ たち が あわてて
にげて いきました。

--

おじいさん は おもいっきり こえ を だして、 にゃおう!
と いいました。
The old man said, meow! in his best voice.

とたん に あたり が まっくら に なり、
Suddenly the surroundings became completely dark, and

ねずみ たち が あわてて にげて いきました。
the mice went running away in a hurry.

--

おもいっきり = at best
だす = utter
にゃおう = meow
あたり = surroundings
まっくら = completely dark

page 28

「しめしめ うまく いった ぞ。」
おじいさん は てさぐり で つづら を あけ、
小ばん を ふところ に つめられる だけ
つめました。

--

「しめしめ うまく いった ぞ。」
"Good, good, it went well."

おじいさん は てさぐり で つづら を あけ、
Groping, the old man opened the wicker basket,

小ばん を ふところ に つめられる だけ つめました。
and put as much money as he could in his breast pocket.

--

しめしめ = good!, how lucky!, I've got it!
うまく = good
てさぐり = look for something by touching with hand, grope for, feel one's way
ふところ = breast pocket (in kimono)
つめる = put (in)

page 31

ところが、 どっち へ いったら
よい の か、 でぐち が わかりません。
おじいさん は くらい あな の なか を
いったり きたり、 その うち に とうとう
いき が つまって しんで しまいました。

--

ところが、 どっち へ いったら よい の か、 でぐち が わかりません。
However, he didn't know which way is the exit.

おじいさん は くらい あな の なか を いったり きたり、
The old man went back and forth in the dark hole,

その うち に とうとう いき が つまって しんで しまいました。
and then finally he became out of breath and died.

--

ところが = however, but
どっち = which
あな = hole
いったり きたり = go back and forth
その うち に = in the mean time
とうとう = finally, at last
いき = breath
いき が つまる = out of breath

はなさかじいさん Hanasakajisann

This text is written by them, Translation by Tom Ray and Hiromi Mochizuki,I just record my voice for someone who studies Japanese.=^-^=

THis is MP3 file link=^-^=

http://snd.sc/wWoaMt
http://kiwi6.com/file/acfobzro1b

はなさかじいさん Hanasakajisann
Grandfather Cherry-Blossom
The Old Man Who Made Trees Blossom

I

page 2



むかし ある ところ に、
Long ago in some place,

こころ の やさしい おじいさん と おばあさん が、 すんで いました。
there lived an old man and old woman with gentle hearts.

ある日(ひ) の こと です。
It happened one day.

おばあさん が 川(かわ) で せんたく を して いる と、
When the old woman was washing clothes in the river,

川上(かみ) から 白(しろ)い いぬ が いた に のって、
from up river a white dog riding on a board,

とっぷん たっぷん ながれて きました。
toppun tappun, came floating up.

おばあさん は 子いぬ を ひろいあげ て、
The old woman picked up the puppy, and

いえ へ かえって いきました。
returned home.

--

いた、板 = board
とっぷん たっぷん = sound of something floating on water
ながれる、ながれます、ながれて、流れる = float
ひろいあげる、ひろいあげます、ひろいあげて、拾い上げる = pick up

page 5

--

「こんな に かわいい 子(こ)いぬ、
"It is such a cute puppy,

だれ が 川 に ながした んじゃ。
who would float the puppy in the river!

よし、 よし、 おまえ は きょう から うち の いぬ だよ。」
Ok, ok, from today you are our dog."

おじいさん も おおよろこび です。
The old man was also very happy.

子いぬ は うれし そうに、 くんくん あまえました。
The puppy happily, kunkun, became tamed.

子ども の いない ふたり は、
The two without children,

子いぬ に シロ と 名(な)づけて、
gave the name Shiro to the puppy, and

赤(あか)い くびわ を つけて あげました。
put on a red collar.

シロ は、 ちゃわん 一(いっ)ぱい ごはん を やる と、
For every bowl of rice that Shiro eats,

一ぱい だけ 大(おお)きく なりました。
he becomes one bowl bigger.

二(に)はい やる と、
For every two bowls that he eats,

二はい だけ 大きく なって、
he becomes two bowls bigger, and

げんき に そだって いきました。
he grew up healthy.

--

ながす、ながします、ながして、流す = shed, wash away, a flow, a stream
よし = ok
おまえ、お前 = you (familiar, but from higher to lower)
くんくん = sound of happy whimper of dog
あまえる、あまえます、あまえて、甘える = become tamed
くびわ、首輪 = collar
つける、つけます、つけて、付ける = put on
ちゃわん、茶碗 = a bowl, a teacup
そだつ、そだちます、そだって、育つ = grow (up)

page 6

--

ある 日 の こと です。
It happened one day.

おじいさん は、 シロ を つれて、
The old man took along Shiro, and

山(やま) へ いきました。
went to the mountain.

おじいさん が たきぎ を とって いる と、
When the old man was gathering firewood,

シロ が きゅう に ほえて、
Shiro suddenly barked, and

まえ足(あし) で 土(つち) を ほりだしました。
began to dig out the ground with his forepaws.

「シロ や。 なに を みつけた んじゃな。
"Hey Shiro. What did you find?

どれ、 どれ、 わし が ほって やろう。」
Let me see, I will help you dig.

おじいさん は、 もって きた くわ を ふりあげて、
The old man swung up the hoe he brought with him, and

やっこら よいこら 土 を ほりました。
dug the earth as hard as he could.

--

つれる、つれます、つれて、連れる = take, take along
たきぎ、薪 = firewood
とる、とります、とって、採る = gather, collect
きゅうに、急に = suddenly
ほえる、ほえます、ほえて、吠える = bark
まえあし、まえ足、前足 = forepaws
つち、土 = earth, soil, the ground
ほる、ほります、ほって、掘る = dig out
みつける、みつけます、みつけて、見つける = find
ふりあげる、ふりあげます、ふりあげて、振り上げる = swing up
もつ、もちます、もって、持つ = carry
くわ、鍬 = hoe
やっこら よいこら = hard, as ~ as one can

page 9


--

「やややっ、 これ は なん じゃ。
"Ooops. What is this here?

まぶしい、 まぶしい。」
Dazzling, dazzling."

おじいさん は、 おもわず りょう手(て) で 目(め) を かくしました。
In spite of himself, the old man covered his eyes with both hands.

土 の なか が ぴかぴか ひかって います。
Inside the ground was glittering.

大ばん 小(こ)ばん が ざくざく でて きました。
Large and small gold coins came out (of the ground).

おじいさん は びっくり する やら、 おどろく やら。
The old man was surprised and amazed.

その お 金(かね) を ふくろ に つめて、
He packed that money in a bag, and

いえ へ かえって いきました。
went back home.

--

まぶしい = dazzling
おもわず、思わず = in spite of oneself
りょう手、両手 = both hands
かくす、かくします、かくして、隠す = conceal, hide, cover
ぴかぴか = shiny, sparkle, glitter
ひかる、ひかります、ひかって、光る = shine, twinkle
おどろく、おどろきます、おどろいて、驚く = surprise at, wonder at, amazed
ふくろ、袋 = bag
つめる、つめます、つめて、詰める = pack, fill

page 10



「たまげた。 たまげた。
"Startling. Startling!

わし は きも を つぶす ところ じゃった よ。」
I am about to be astounded!"

こがね の 山 を まえ に、
In front of the mountain of gold,

おじいさん が おばあさん に はなし を して いる と、
when the old man told the story to the old woman,

となり の よくばり じいさん が やって きました。
the greedy old man neighbor approached.

「こりゃあ、 すごい おたから じゃ。
"What a great treasure it is!

どこで 手 に いれた んじゃ。」
Where did you get it?"

よくばり じいさん は、 ぐびり と のど を ならしました。
The greedy old man made a swallowing sound with his throat.

そして、 はなし を きく と、
And then, when he listened to the story, he said

「それじゃ、 わし にも いぬ を かして くれろ。
"Therefore, please lend the dog to me.

わし も 山 へ いって くる。」
I will also go to the mountain."

と いって、 シロ を つれて いきました。
and took Shiro with him.

--

たまげる、たまげます、たまげて、魂消る = be startled
きも を つぶす、肝 を つぶす = be astounded, be dumbfounded
verb + ところ = about to ~
こがね、黄金 = gold
よくばり、欲張り = greedy
ぐびり = sound of swallowing spit
のど、喉 = throat
ならす、ならします、ならして、鳴らす = sound
つれる、つれます、つれて、連れる = take with

page 12


--

つぎ の 日、 よくばり じいさん は、
The next day, the greedy old man,

シロ を ひっぱって、 山 へ いきました。
went to the mountain pulling Shiro.

いつまで たって も、 シロ は ほえません。
But Shiro never barked at all.

よくばり じいさん は いやがる シロ を たたいて、
むり に なかせました。
The greedy old man slapped and unreasonably made to bark,
the reluctant Shiro.

「わかった。 わかった。
"I understand. I understand.

ここ だな。 ここ だな。」
In here. In here."

よくばり じいさん は、 よろこんで 土 を ほりました。
The greedy old man happily dug the ground.

--

ひっぱる、ひっぱります、ひっぱって、引っ張る = pull
たつ、たちます、たって = pass
ほえる、ほえます、ほえて = bark
いやがる = do not like, hate
たたく、たたきます、たたいて = strike, hit, slap
むり = unreasonable, impossible
なかせる、なかせます、なかせて = make someone bark

page 13


ところが でて きた の は、
However the thing that came out, were

かえる や むかで や 石(いし)ころ ばかり。
only things like frogs and centipedes and rocks.

小ばん は 一まい も でて きません。
Not even one gold coin came out.

「この いぬ め。 よくも わし を だました な。」
"This damned dog. How dare you cheat me!"

よくばり じいさん は はら を たて、
The greedy old man became angry, and

シロ を ころして、
he killed Shiro, and

その あな に うめて しまいました。
burried him in the hole.

--

かえる = frog
むかで = centipede
いしころ = stone, rock
ばかり = only
よくも = how dare ~?, how can ~?
だます、だまします、だまして = deceive, cheat
はら を たてる = to be angry at
はら = stomach area
たてる、たてます、たてて = make, stand, put up
ころす、ころします、ころして、殺す = kill
あな、穴 = hole
うめる、うめます、うめて、埋める = put ~ in the ground, bury, fill up

page 14


--

よる に なって も よくばり じいさん は、
Even though it became night, the greedy old man

シロ を かえし に きません。
did not take Shiro back.

シロ を かわいがって いた おじいさん が、
The old man who loved Shiro,

となり の いえ へ いく と、
went to the neighbor's house, and

「あんな いぬ、 ころして うめて しまった さ。
"Such a dog, I killed and burried it.

目じるし に まつ の なえ を 一ぽん、 その うえ に うえて おいた ぞ。」
For a marker I planted one pine seedling over it."

よくばり じいさん は、 ぷんぷん おこり ながら いいました。
the greedy old man said in anger.

シロ を かわいがって いた おじいさん は、
The old man who loved Shiro,

なき ながら いえ へ かえって いきました。
went back home while crying.

そして、 つぎ の 日 の あさ、
And then, the morning of the next day,

おばあさん と シロ の おはか へ でかけました。
with the old woman, he went out to Shiro's grave.

すると、 まつ の なえ は ひとばん の
うちに 大きな 木(き) に なって いました。
And then, in one night the pine seedling became a big tree.

--

かえす、かえします、かえして = take back
かえし に くる = come to take back
かわいがる、かわいがります、かわいがって = love
あんな = such a ~
めじるし、目印 = a mark
まつ、松 = pine tree
なえ、苗 = seedling
うえる、うえます、うえて、植える = (to) plant
おく、おきます、おいて = strengthen the previous verb
ぷんぷん = statement of anger, puffed cheeks
おはか、お墓 = grave
ひとばん、一晩 = one night
の うちに = for (refers to time, e.g. for one week)

page 17


--

おじいさん と おばあさん は、
The old man and old woman,

まつ の 木 を きって、 うす を つくりました。
cut the pine tree and made a mortar.

その うす で おもち を つく と、
In that mortar they made rice cakes, and

小ばん が ちゃりーん。
small gold coins chariin.

ふた つき つく と、
With the second stroke,

大ばん が ちゃりちゃりーん。
large gold coins charichariin.

うす の なか の おこめ が、
The rice inside the mortar,

みんな こがね に かわって あふれ だしました。
all changed to gold coins, and began to overflow.

そこ へ、 となり の ばあさん が やって きました。
The old lady neighbor approached, to there.

うす から あふれる こがね を みる と、
When she saw the gold coins overflowing from the mortar,

ばあさん は ぐびり と のど を ならしました。
the old woman made a swallowing sound, gubiri.

そして、
And then,

「この うす、 ちょっくら うち にも かして くれろ。」
"Lend the mortar to me too for a while."

と うす を かついで いきました。
and she went carrying the mortar.

--

うす、臼 = a mortar
きる、きります、きって、
もち、餅 = rice cake
こばん、小ばん、小判 = small gold coin
ちゃりーん = sound of gold coin coming out
ふた = two
つき = stroke
つく、つきます、ついて = (to) pound
こめ、米 = rice
あふれる、あふれます、あふれて、溢れる = run over, overflow
だす、だします、だして、出す = begin
ぐびり = sound of swallowing
ならす、ならします、ならして、鳴らす = (to) sound, ring, honk
ちょっくら = casual form of ちょっと = for a while, a little
かす、かします、かして、貸す = lend
くれろ = telling someone to do something
うち = refers to self, only used by woman, casual
かつぐ、かつぎます、かついで、担ぐ = carry, shoulder

page 18


--

となり の ばあさん は、
The old woman neighbor,

すぐに おこめ を たいて、
cooked the rice right away, and

じいさん と もちつき を はじめました。
with the old man began to pound the rice cakes.

ところが、
However,

ひと つき すると、
with the first stroke,

くさった ごみ が ぐじゃ。
rotten garbage (came out) guja.

ふた つき すると、
With the second stroke,

--

すぐに = as soon as possible, soon, right away, at once
たく、たきます、たいて、炊く = cook, boil
もちつき = making rice cake, pounding rice cake
ところが = but, however
くさる、くさります、くさって、腐る = go bad, spoil, rot
ぐじゃ = sound of coming out

page 19

--

くさい どろ が びっちゃーん。
stinking mud bicchaan.

うす の なか の おこめ は、
The rice in the mortar,

くさい きたない もの に かわって、
changed into stinking dirty things, and

まわり に とびちりました。
scattered over the surroundings.

じいさん の かお も、 ばあさん の かお も どろ だらけ。
The old man's face and the old woman's face were also covered with mud.

おこった よくばり じいさん は、
The angry greedy old man,

うす を たたきわって、
smashed the mortar, and

かまど で もやして しまいました。
burned it on the stove.

--

くさい、臭い = stinking, smelly
どろ、泥 = mud
まわり、周り = surroundings
とびちる、とびちります、とびちって、飛び散る = scatter, splash
だらけ = full of, covered with
たたきわる、たたきわります、たたきわって、叩き割る = smash, shatter
かまど = a cooking stove
もやす、もやします、もやして、燃やす = to burn

page 20


--

シロ を かわいがって いた おじいさん が、
The old man who loved Shiro,

うす を かえして もらい に いく と、
went to get the mortar back, and

となり の よくばり じいさん は、
the neighbor greedy old man,

目 を つりあげました。
had a fierce look in his eyes.

「うす を かえせ と?
"You want the mortar back?

あんな うす は な、
Such a mortar,

たたきわって もやして しまった よ。
I smashed and burned it.

ほし けりゃ いくら でも もって いけ。
If you want it, take as much (of the ashes) as you want.

かまど の そうじ が たすかる わ。」
It will help me to clean the cooking stove."

シロ を かわいがって いた おじいさん は、
The old man who loved Shiro,

かまど の した から はい を かきだす と、
from below the cooking stove he scraped up the ashes, and

ざる に いれて、
put it in a bamboo basket, and

とぼとぼ いえ へ かえって いきました。
trudged back home.

--

つりあげる、つりあげます、つりあげて、つり上げる = hang up
目 を つりあげる = have a fierce look in one's eyes
けりゃ = ければ or で あれ ば = if
いくら でも = as much as you want
そうじ、掃除 = cleaning
はい、灰 = ash
かきだす、かきだします、かきだして、かき出す = scrape up
ざる = a (bamboo) sieve, basket
いれる、いれます、いれて、入れる = put in
とぼとぼ = trudge along

page 23


--

その とき です。
It was that time.

きゅう に かぜ が ふいて きて、
Suddenly a wind came blowing, and

あたり に ぱあっと はい が とびちりました。
the ashes scattered around.

すると、 どう でしょう。
And then, what a surprise.

はい が かかった みち の かれ 草(くさ) に、
On the withered grass covered with ashes on the path,

いろとりどり の 花(はな) が、
colorful flowers,

いっせい に さきだしました。
bloomed out all at once.

まるで 春(はる) の お花ばたけ の よう です。
It looks like a flower field in Spring.

さびしい こころ が、 すっかり あかるく なりました。
His sad heart became completely cheerful.

「これは、 ふしぎ じゃ。 もっと たくさん 花 を さかせ よう。」
"How wonderful this is. Let me make many more flowers bloom."

おじいさん は、
The old man

大きな さくら の かれ木 に のぼる と、
climbed a large dead cherry tree, and

「かれ木 よ、 かれ木 よ、 花 が さけーー」
"Dead tree, dead tree, bloom!"

おもいきり はい を まきました。
He scattered ash to his heart's content.

--

きゅう に、急 に = suddenly
ふく、ふきます、ふいて、吹く = blow
あたり = surroundings
ぱあっと = scattering
とびちる、とびちります、とびちって、飛び散る = scatter
かかる、かかります、かかって = cover
みち、道 = path
かれる、かれます、かれて、枯れる = wither, die, be dead
くさ、草 = grass
いろとりどり、色とりどり = colorful
いっせい に、一斉 に = all at once
さきだす、さきだします、さきだして、咲き出す = bloom out
まるで ~ の よう です = it looks like ~
すっかり = completely, all, quite
あかるい、明るい = cheerful, light, bright
さく、さきます、さいて、咲く = bloom
かれ木、枯木 = dead tree
おもいきり、思い切り = to one's heart content, as ~ as one can, resignation
まく、まきます、まいて、蒔く = scatter, sprinkle, water

page 24



さくら の 木 は、 花ざかり。
The cherry tree was in full bloom.

「これは きれい じゃ。
"How beautiful this is!

あの 木 も さかせて みよう。」
Let me try and make that tree bloom."

おじいさん は、 となり の 木 に のぼって、
The old man climbed the next tree, and

「かれ木 よ、 かれ木 よ、 花 が さけーー」
"Dead tree, dead tree, bloom!"

大きな こえ で、 おもいきり はい を まきました。
he said with a big voice, and scattered ash to his heart's content.

かれ木 は たちまち つぼみ を つけて、
Suddenly buds came out from the dead tree, and

いっせい に 花 を ひらきました。
all together the flowers opened.

--

花ざかり、花盛り = be in full bloom
たちまち = right away, at once, suddenly
つぼみ = a bud
つける、つけます、つけて = come out?
いっせい、一斉 = all together
ひらく、ひらきます、ひらいて、開く = open (flower, fan, umbrella)

page 26

--

ちょうど そこ へ、 とのさま が とおりかかりました。
Just then, a feudal lord happened to pass.

「みごと じゃ。 みごと じゃ、 じい。
"Beautiful! Wonderful, old man!

日(に)本(っぽん)一(いち) の はなさかじじい
Japan's best Grandfather Cherry-Blossom
に ほうび を とらせ よう ぞ。」
will win a prize."

とのさま は おお よろこび です。
The feudal lord is very pleased.

おじいさん は、 たくさん ほうび を もらって、
The old man received many prizes, and

かえって いきました。
returned home.

いえ の かげ から、 これ を みて いた のが、
となり の よくばり じいさん です。
The greedy old neighbor man saw this happening from behind his house.

--

ちょうど、丁度 = just
との、殿 = a feudal lord
とおりかかる、とおりかかります、とおりかかって、通り掛かる = happen to pass,
come along
みごとな、見事な = wonderful, beautiful
ほうび、褒美 = a prize, a reward
とらせる、とらせます、とらせて、取らせる = get, win
かげ、陰 = backside (of house)

page 29


--

「よし。 わし も ほうび を もらおう。」
"Alright. I will also win a prize."

かまど の した から、 のこった はい を かきあつめて、
He collected the remaining ash from below the cooking stove, and

おおいそぎ で とのさま の ところ へ いきました。
in a great hurry went to the place of the feudal lord.

「お とのさま。 わし も 日本一 の はなさかじじい です。
"My feudal lord. I am also Japan's best Grandfather Cherry-Blossom.

この 木 に 花 を さかせます。」
I will make this tree bloom."

そう いって、
He said that, and

かれ木 に のぼり、
climbed a dead tree,

「かれ木 よ、 かれ木 よ、 花 が さけーー」
"Dead tree, dead tree, bloom flowers!"

おもいきり、 はい を まきました。
and scattered ash to his heart's content.

--

よし = alright
かまど = cooking stove
のこる、のこります、のこって、残る = be left, remain, stay
のこった = left
かきあつめる、かきあつめます、かきあつめて、かき集める = collect
おもいきり = to one's heart content, as ~ as one can
まく、まきます、まいて、撒く = scatter

page 31



--

ところが、 花 が さく どころか、
However, the flowers far from blooming

はい が みんな とのさま に かかって、
all the ashes covered the feudal lord, and

たいへんな さわぎ に なりました。
caused a big trouble.

「ぶれいもの。 おとのさま に なに を する。」
"You are insolent. What are you doing to the feudal lord."

となり の よくばり じいさん は、 けらい に なわ で しばられて、
The retainer tied up the greedy old neighbor man with a rope, and

とうとう ろうや へ つれて いかれて しまいました。
finally took him to prison.

ーーー「はなさかじじい」 の おはなし、 これで おしまい。
There ends the "Hanasakajiji" story.

--

どころか = far from
かかる、かかります、かかって = cover
さわぎ、騒ぎ =
ぶれいもの、無礼者 = rude, impolite, insolent
なわ、縄 = a rope
しばる、しばります、しばって、縛る = bind, tie
ろうや、牢屋 = a prison
つれる、つれます、つれて、連れる = take
いかれる = passive form of いく、行く

つるのおんがえし Tsurunoongaeshi

This text is written by them, Translation by Tom Ray and Hiromi Mochizuki,I just record my voice for someone who studies Japanese.=^-^=

http://snd.sc/wT5EF5
http://kiwi6.com/file/9a087ntu50

つるのおんがえし Tsurunoongaeshi
Crane's Repaying Kindness
The Fairy Crane
--

むかし、 山(やま) の なか で すみ を やいて いる、
まずしい わかもの が いました。
Long ago, there was a poor young man who was burning charcoal in the mountain.

ちらちら ゆき の ふる、 さむい 冬(ふゆ) の 日(ひ) の こと です。
It happened on a cold winter day when a light snow was falling.

わかもの は、 ながい あいだ ためた お金(かね) で、
ふとん を かい に まち へ でかけて いきました。
The young man went out to town to buy a futon with the money
that he had been saving for a long time.

--

すみ、炭 = charcoal
やく、焼く = burn, roast, bake
まずしい、貧しい = poor
ちらちら = flutter, flicker
ゆき、雪 = snow
あいだ = an interval
ためる、ためます、ためて、貯める = save

page 5


はずんだ こころ で 山 を おりて いく と、
He went down the mountain with a bouncing heart and,

かたわら の しげみ の なか で、 ごそごそ 音(おと) が しました。
from within a bush at his side, there was a rustling sound.

「はて、 きつね でも いる の かな?」
"I wonder, if there is a fox or something?"

そっと ようす を うかがう と、
Quietly he looked into the situation, and

白(しろ)い 大(おお)きな はね が みえました。
saw a big white wing.

「つる だ。 つる が わな に かかって いる。
"It's a crane. The crane is caught in a trap.

まて、 まて。
Wait, wait.

いま たすけて やる ぞ。」
Now I will rescue you."

わかもの は かわいそう に おもって、
The young man felt sorry for the crane,

あし に かかった わな を はすそう と しました。
He tried to take the trap off of the leg.

--

はずむ、はずみます、はずんで、弾む = bounce
おりる、おります、おりて、下りる = go down
かたわら、傍ら = the side
しげみ、茂み = thicket, bush
ごそごそ = rustling sound
きつね = fox
そっと = quietly, gently, lightly
ようす = a look, a manner, the situation
うかがう、うかがいます、うかがって、窺う = wait for, spy on, peep into, guess
はね = wing, feather
つる、鶴 = crane (bird)
わな、罠 = trap
かかる、かかります、かかって = caught
たすける、たすけます、たすけて、助ける = help, save, rescue
やる = do ~
はずす、はずします、はずして、外す = take off
~そう と する = to try to ~

page 6

わたしました。

--

そこ へ、 りょうし が あらわれました。
And then, a hunter appeared.

「なに を する。
"What are you doing.

おまえ は わし の えもの を よこどり しよう と いう の か。」
You dare to snatch my game?"

りょうし は、 わかもの を にらみました。
The hunter glared at the young man.

「かわいそうだ から、 にがして やって くれ。
"Because it is miserable, can you please set it free?

いや なら、 ここ に お金 が ある。
If not, I have money here.

この つる を うって くれぬ か。」
Wouldn't you sell the crane to me?"

わかもの は、 ふとん を かう お金 を りょうし に わたしました。
The young man handed the hunter the money for buying the futon.

--

りょうし、漁師 = hunter
あらわれる、あらわれます、あらわれて、現れる = appear
おまえ = you (not polite)
わし = me (not polite)
えもの、獲物 = game (animal), catch, prize
よこどり する、横取り する = snatch, steal
しよう と いう = to dare to
にらむ、にらみます、にらんで、睨む = glare (at), look (at)
にがす、にがします、にがして、逃がす = make someone escape
やる、やります、やって = only for emphasis, no meaning
くれ = like ください, but casual (not polite)
くれぬ = negative of くれ
わたす、わたします、わたして、渡す = hand (over), give

page 9


「さあ、 もう こんな ところ へ くる ん じゃ ない ぞ。」
"So, don't come back again to this place."

わかもの は そう いって、 つる を 空(そら) へ にがして やりました。
The young man said that, and set the crane free into the sky.

「くうーー」
"Kuu... (sound of crane)."

つる は うれし そうに ひとこえ なく と、
The crane sang happily, and

わかもの の あたま の うえ を 大きく まわって、
and went around in big circles over the young man's head, and

空 へ きえて いきました。
dissapeared into the sky.

つる を みおくる と、 もう まち へ いく ようじ は ありません。
He sent off the crane, and he had no more business to go to the town.

わかもの は きた みち を、 ゆっくり 山 へ もどって いきました。
The young man slowly returned to the mountain, the way he had come.

--

にがす、にがします、にがして、逃がす = set free
やる、やります、やって = do ~
そうに = adverb ending
ひとこえ = a voice
なく、鳴く = sing
まわる、まわります、まわって、回る = turn, go around
きえる、きえます、きえて、消える = dissapear
みおくる、みおくります、みおくって、見送る = send off
ようじ、用事 = business
みち、道 = way, road
きた みち = the way he came (before)
ゆっくり = slowly


つぎ の 日 の あさ の こと です。
It happened the morning of the next day.

みた こと も ない ほど うつくしい むすめ が、 やって きました。
A beautiful girl who he had never seen before approached.

そして、 「わたし を よめさん に して ください。」
And then, "Please make me your bride",

と、 いう の です。
she said.

「とんでも ねえ。
"Of course not.

わし は、 この とおり びんぼうな すみやき じゃ。
As you can see I am a poor charcoal maker.

よめさん を もらって も、 くわせる こと も できない。」
If I have a bride, I can not even feed her."

わかもの は ことわりました が、 むすめ は、
The young man refused, but the girl said

「あなた の よめさん に して くれたら、
"If you will take me for your bride,

いくら まずしくて も かまいません。」
no matter how poor we are I don't mind,"

そういって、 わかもの と くらす こと に なりました。
she said like that, and came to live with the young man.

--

みた こと も ない = something you never saw before
とんでも ない = of course not, not at all, no trouble at all
ねえ = casual ない
この とおり、 この 通り = like this
すみやき、炭焼き = charcoal maker
もらう、もらいます、もらって、貰う = get, receive, have, be given
くわす、くわせます、くわして、食わす = feed, support
ことわる、ことわります、ことわって、断わる = decline
いくら、幾ら = no matter how, how much, how many
まずしい、貧しい = poor
かまう、かまいます、かまって、構う = mind, care about, be concerned about
そういって = said like that
くらす、くらします、くらして、暮らす = live

page 12

わかもの の くらし は、 すっかり かわりました。
The young man's life completely changed.

あさ め を さますと、
When he woke up in the morning,

いろり に は もう あたたかい 火(ひ) が もえて いました。
there was already a warm fire burning in the fireplace.

かお を あらって いる と、
When washing his face,

「ごはん が できました よ。」
"Breakfast is ready,"

と、 きれいな よめさん が よびます。
his pretty wife called.

--

くらし、暮らし = life
すっかり = completely
め を さます = wake up
いろり、囲炉裏 = traditional Japanese fire place (in middle of room)
もえる、もえます、もえて、燃える = burn
あらう、あらいます、あらって、洗う = wash
よめ、嫁 = a bride, one's wife
よぶ、よびます、よんで、呼ぶ = call

page 13

よめさん は 山 の なか に ある、
おいしい たべもの を よく しって いて、
じょうずに つくります。
His wife knows very well the delicious food in the mountain,
and prepares it well.

いえ の なか も きれいに かたづいて、
She also keeps the inside of the house clean, and

しごと も どんどん はかどって いきます。
her work goes on and on.

「わし の ところ へ よめ が くる なんて、 ゆめ みたいな はなし だ。」
"The wife coming to my place is like a dream."

わかもの は、 しあわせ そう でした。
The young man seems to be happy.

--

かたづく、かたづきます、かたづいて、片付く = be put in order, be tidy
どんどん = fast, on and on
はかどる、はかどります、はかどって、捗る = progress, make a progress
なんて = emphasis

page 14

ある 日 の こと です。
It happened one day.

「うら の こや を かたづけて いましたら、
"While cleaning the hut behind the house,

ほこり を かぶった はたおり が ありました。
I found a dusty loom.

わたし に はた を おらせて ください。
May I please weave?

そのかわり、 はた を おって いる あいだ は、
However, while I am weaving,

けっして なか を のそかないで ください。」
please never look inside,"

よめさん は そう いって、 こや へ はいる と、 と を しめました。
his wife said, and entered the hut, and closed the door.

--

うら、裏 = back, reverse side
こや、小屋 = cottage, hut, cabin
ほこり = dust
かぶる、かぶります、かぶって、被る = put on, wear
はたおり、機織り = loom, weaving, a weaver
はた = loom, weave
おる、おります、おって、織る = weave
はた を おる = weave
そのかわり = instead
けっして = never ~, not ~ at all
のぞく、のぞきます、のぞいて、覗く = look into, peep in

page 15
ぎいっ ぱったん
ぎいっ ぱったん
(gii pattan, gii pattan) weaving sound.

よる も ひる も、 こや の なか から ぬの を おる 音 が、
きこえて いました。
Night and day, he heard the sound of weaving from within the hut.

--

ぎいっ ぱったん = weaving sound
ぬの、布 = cloth

page 16

「おなか、 すかん の か。
"Aren't you hungry?

すこし やすんで めし を くったら どう じゃ。」
Why don't you take a little rest and eat a meal?"

わかもの は しんぱい を して、
the young man worried, and

そと から こえ を かけました。
offered his wife from outside.

けれども、 へんじ は ありません。
But, there was no reply.

わかもの は、 ますます しんぱい に なりました。
The young man became more and more worried.

なんど も こや の と を あけよう と しました が、
じっと がまん を して いました。
He tried to open the door to the hut several times,
but he remained patient.

四(よっ)日(か)め に なって、
On the fourth day,

やっと こや の なか から よめさん が でて きました。
finally his wife came out from inside the hut.

--

くう、食う = eat (casual form)
そと = outside
かける、かけます、かけて = offer
へんじ、返事 = reply
ますます、益々 = more and more
なんど = several times
じっと = still, patiently
がまん、我慢 = patience, endurance
やっと = finally

page 19


--


よめさん は すっかり やせて、 ふらふら して いました。
His wife was quite thin, and felt dizzy.

やせおとろえて、 くび ばかり ながく かんじられました。
He felt that she had become thin and weak, and that her neck was too long.

「こや の なか に、 おりあげた ぬの が あります。
"Inside the hut, there is cloth that I finished weaving.

それ を まち へ うり に いって ください。
Please go to town and sell it.

きっと たかい ね で かって くれます。」
Someone will buy it at a very high price."

「そんな こと は、 どう でも よい。
"That doesn't matter at all.

わし は おまえ の からだ が しんぱい じゃ。」
I am worried about your condition,"

わかもの が いう と、 よめさん は にっこり ほほえみました。
the young man said, and his wife smiled.

「わたし の こと は、 しんぱい なさらずに。
"Please don't worry about me.

さあ、 はやく わたし の いう こと を きいて ください。」
Now, hurry and please do what I said."

--

すっかり = all, quite, completely
ふらふら = feel dizzy
ばかり = about, always, only, just, almost
おとろえる、おとろえます、おとろえて、衰える = become weak, become worse
~ + あげた = to finish to do ~ (past form)
~ + あげる = to finish to do ~
きっと = sharply, sternly
かう、かいます、かって、買う = buy
くれる、くれます、くれて、呉れる = give, let ~ have, grant, present
どう でも よい = doesn't matter
おまえ = you
にっこり = smilingly
ほほえむ、ほほえみます、ほほえんで、微笑む = smile


page 20


わかもの は ぬの を もって、 まち へ でかけて いきました。
The young man went out to town, carrying the cloth.

おみせ の しゅじん は、 その ぬの を みて、 びっくりしました。
On seeing the cloth, the storekeeper was surprised.

「ほほう、 これは すばらしい。
"Great, this is wonderful.

いま まで みた こと も ない ぬの じゃ。
I have never seen such a cloth.

八(はち)十(じゅう)りょう、 いや 百(ひゃく)りょう だしましょう。
I will pay you 80 ryou, no, 100 ryou.

こんど もって こられたら、 二(に)百りょう で かいあげましょう。」
Next time if you bring more, I will buy it for 200 ryou.

め の まえ に、
In front of him,

百りょう の こばん を つまれて、
100 ryou of gold coins were piled up,

わかもの は からだ が ふるえる ほど、 おどろいて いました。
the young man was so surprised that his body shook.

--

おみせ、店 = shop
おみせ の しゅじん = storekeeper
ほほう = admiration
りょう、両 = more than 10,000 yen
だす、だします、だして、出す = pay
かいあげる、かいあげます、かいあげて、買い上げる = buy
つまれる、つまれます、つまれて、積まれる = be piled up
ふるえる、ふるえます、ふるえて、震える = tremble, shiver
ほど = about, some, or so, not as ~ as .., nothing is more ~ than .., such
おどろく、おどろきます、おどろいて、驚く = surprise

page 22


「わし に も、 いよいよ うん と いう もの が むいて きた ん だ。
"Finally fortune has turned to me too!

いえ に かえったら、 すぐ また ぬの を おらせよう。」
When I return home, I will make her weave clothes again soon."

せなか の つつみ に は、
In the pack on his back,

ずっしり と おもい 百りょう の お金 が あります。
there was the very heavy 100 ryou's money.

いま まで みた こと も ない お金 です。
It is money which I have never seen before.

わかもの の こころ は すっかり かわって しまいました。
The young man's heart changed completely.

山 の なか の いえ へ もどる と、
When he returned to his home in the mountains,

わかもの は め を かがやかせ ながら、
The young man's eyes brightened while,

よめさん に はなし を しました。
he told the story to his wife.

--

いよいよ = at last
うん、運 = fortune, luck
むく、むきます、むいて、向く = turn (to), look (to)
と いう もの = emphasis
ぬの、布 = cloth
おる、織る = weave
ずっしり = very heavy
すっかり = completely, totally
かわる、かわります、かわって、変わる = change
かがやく、かがやきます、かがやいて、輝く = brighten
ながら = while, as

page 24



「もう いちど だけ じゃ。
"Just once more.

そしたら ふたり で まち へ でて、
Then let's go to town together, and

大きな やしき を たてて、
build a big mansion, and

いつまでも おもしろ おかしく くらす の じゃ。」
live a funny and interesting life forever."

「わたし は、 あなた と ふたり で、
ずっと この まま の くらし が したい の です。
"I want to keep our life as it is from now on, together with you.

まち へ など いきたく は ありません。」
I never want to go to town and so forth"

よめさん は しずかに いいました。
the wife quietly said.

けれども わかもの は ききません。
But the young man did not understand her.

--

そしたら = then
たてる、たてます、たてて、建てる = construct, build
おかしい = funny, joyful
おもしろ おかしく = funny, interesting
くらす、くらします、くらして、暮らす = live
この まま = as it is, as they are
など = and so on, and so forth

page 25

「それほど あなた が いう の でしたら、
"You said like that, so

あと いちど だけ おりましょう。
I will weave only one more time again.

こんど も ぬの が おりあがる まで、
Also next time until I weave the cloth,

けっして のぞかないで ください。」
please never look in."

よめさん は そう いって、 また こや へ はいって いきました。
The wife said like that, and again entered into the hut.

--

それほど = like that
けっして、決して = never ~, not ~ at all

page 26


ぎーい ぱったん
Giii pattan

ぎぎーい ぱったん
gigiii pattan (sound of weaving)

こや の なか から、
From inside the hut,

はた を おる 音 が きこえて きます。
he could hear the sound of the loom weaving.

まえ より よわよわしい 音 でした が、 わかもの に は わかりません。
The young man didn't realize that the sound was weaker than before.

わかもの は いろり の まえ に ねころんで、
The young man lay down in front of the fireplace, and

おさけ を のみ ながら まって います。
drank sake while waiting.

--

よわよわしい、弱々しい = weakly, delicate
ねころぶ、ねころびます、ねころんで、寝転ぶ = lie down

page 27
--

ぎーい ぱったん
Giii pattan

ぎぎーい ぱったん
gigiii pattan (weaving sound)

ところが、 こんど は 四日め の ゆうがた に なって も、
Then, even though it came to be the evening of the fourth day,

まだ はた の 音 が して いました。
the loom was still sounding.

「なに を ぐずぐず して いる ん だろう。」
"I wonder why she is so slow."

わかもの は たちあがる と、
The young man stood up, and

こっそり こや の と を あけて、
secretly opened the door of the hut, and

なか を のぞきこみました。
looked inside.

--

ゆうがた、夕方 = evening
ぐずぐず = slowly, lazily, hesitatingly
だろう = wonder
たちあがる、たちあがります、たちあがって、立ち上がる = stand up
こっそり = secretly

page 29


--


「ややっ。 これ は、 なんとーー」
"Wow! What is this?"

わかもの は おどろいて、 たちすくみました。
The young man was surprised and petrified.

なんと、
Amazingly,

こや の なか で いっしん に はた を おっている の は、
一わ の やせた つる でした。
inside the hut there was one slender crane weaving intently.

つる は くちばし で 一ぽん 一ぽん からだ から はね を ぬいて、
With its bill, the crane was pulling out feathers from its body one by one, and

ぬの を おって いた の です。
was weaving the cloth from them.

「いま やっと、 おりあがりました。
"Now at last, I finished weaving.

けれども、
But,

こんな すがた を みられて は、
because you see me in this appearance,

もう ここ に いられません。
I can not stay here anymore.

わたし は、 あなた に たすけて いただいた つる です。
I am the crane that received help from you.

さあ、 この ぬの を まち へ もって いって、
So, take this cloth to town, and

しあわせ に くらして ください。
please live happily.

さようなら。」
Goodbye."

--

おどろく、おどろきます、おどろいて、驚く = be surprised
たちすくむ、たちすくみます、たちすくんで = be petrified
なんと = amazingly, what!, how!
いっしん に、 一心に = intently, wholeheartedly
一わ、いちわ、一羽 = counting for crane, one crane
やせた、痩せた = slender, slim, skinny
くちばし = a bill, a beak
はね、羽 = feather
ぬく、ぬきます、ぬいて、抜く = pull out
やっと = finally, at last
すがた、姿 = a figure, appearance
いただく、いただきます、いただいて、頂く = get, receive, have
くらす、くらします、くらして、暮らす = live

page 30

--


つる は そう いう と、
Saying that the crane,

はね の ぬけた つばさ を いたいたしそう に ひろげ、
painfully spread her plucked wings,

「くるるーー」
"Kururuuu"

ひと こえ ないて、 空 へ とびたって いきました。
she cried once and took off into the sky.

「お金 など いらぬ。
"I don't even need money.

わし が わるかった。
I was bad.

いま まで どおり、 ふたり で この 山 の なか で くらそう。
As until now, let's live together in the mountain.

だから、 だから、
So, therefore,

もどって きて おくれーー」
please come back."

わかもの は なきながら、
While weeping the young man,

いつまでも 空 に むかって さけび つづけて いました。
faced into the sky and kept shouting forever.

--

つばさ、翼 = wing
いたいたしそう、痛々しそう = painfully
ひろげる、ひろげます、ひろげて、広げる = spread, widen
とびたつ、とびたちます、とびたって、飛び立つ = take off
など = even
いらぬ = casual old style of いらない (don't need)
どおり、通り = as
だから = so, therefore
もどる、もどります、もどって、戻る = get back, come back
むかう、むかいます、むかって、向かう = face
さけぶ、さけびます、さけんで、叫ぶ = shout
つづける、つづけます、つづけて、続ける = continue, keep

I got the result of TOEIC test.




Today, I got the result of TOEIC test. Listening part is 440 and reading part is 330, total score is 770. The perfect score of this test is 990. To tell the truth, my score is the same as the one I got one year ago. You can see my weak point is reading. I can’t finish them. I need another 30 minutes extra time to answer every question. This is the typical opinion of all Japanese who took this test. We can only read in English very slowly. But the time limit of this test never changed. So only solution to this problem is, I just have to practice reading. There is no secret. Next time, I will challenge at the 27/5 TOEIC test.


今日、TOEICの結果が届きました。リスニングパートは440で、リーディングパートは330、トータルは770です。実を言うと、1年前に受けた時とスコアがほとんど、一応5点だけUP(笑)、変化していません。まあ、半年前に受けた時は、劇的に低下していたから、元に戻っただけでも良しとしておきます。それにしても、僕の読解力は進歩しないですね。テキストも一回やっただけじゃ身につかないんですよね。そもそも、買っただけで、開いていない本も沢山ありますしね。心を入れ替えて、精進します。って、去年もおんなじことを言ってたような気が、、、、

写真じゃなくて、スキャンしたら、やたらとでかい(笑)

Baikal Lake in Russia

http://snd.sc/yXyoma

みなさん、ちょっと、このビデオ見てください。ここはロシアにあるバイカル湖です。この湖は透明度がとても高いので冬の間、水が凍ると,湖面を歩きながら湖の底を見ることができます。もしも宝くじに当たったら、僕も訪れて歩いてみたいです。でも、ひび割れも見えますよね。ちょっと、怖いんですけど、たぶん、それらは温かい時期にできたもので、今はもう厚い氷が張るのに十分な寒さになっているだと思います。
Baikal Lake in Russia
Hi, everyone look at this video. This is the Baikal Lake in Russia. When this lake is frozen the ice is so transparent that even though you can walk on it, you can still see the bottom. If I win the lottery I want go there. However you can see in the video there are some cracks! It's a little bit scary but I think those cracks were made during warm period and it probably has been cold enough to form thick ice over them.

http://snd.sc/wQyJi2
English sound

http://snd.sc/yXyoma
Japanese sound

http://www.youtube.com/user/00002797

I started making videos for people studying Japanese. They are very short, but every video has a description written in Japanese and English. I have many regrets in my life, but if I worry too much about my failures in the past, I will miss opportunities in the future. That's for certain, right? That is why I love these quotes. I hope that someone will use my videos for studying Japanese.=^-^=

http://www.youtube.com/user/00002797

Determination is the key to unlocking potential.
眠(ねむ)っている能力(のうりょく)を呼(よ)び起(お)こすのは、決意(けつい)である
Nemututeiru nouryokuwo yobiokosu noha ketui dearu

English education system

A few years ago here in Japan, the government finally decided to start a new English education system. I started learning English when I was 14 years old and I hated English after just three month and continued to hate it in my high school days, I’ve never liked English at all. It might be that I was just stupid, or it might be that I was just lacking effort. But I think that in those days the education system itself was wrong; it was not my fault.lol We only focused on translation rather than the listening and speaking of English. Not only students, but also the teachers never spoke any English. They just used the CD player in the class. However, recently, that system has been changed hugely. Because of that change, kids start learning English in elementary school when they are 6 years old in public schools. Even though it is only twice a week, they can communicate with native English speakers. That is a very important thing I believe. Kids try to speak English. They enjoy the experience of using English. If they like English, they start to learn English by themselves. Of course, if their parents have lots of money, they can go to a private English school in which they can learn English from native English speakers and Japanese teachers at the same time. However, even if parents don’t have enough money, they can still teach their kids by using books, CDs, materials which whatever they get from the internet. There are millions of ways of learning English if you really want to learn. Once these new generations of kids enter a junior high school and after that starts using a PC, they can practice their English through language exchange sites. It is free of charge and they just have to offer their native language and help each others.=^-^=

This TED video shows us a totally new way of treating of cancer !!


This TED video shows us a totally new way of treating of cancer by using gravity power without causing any side effects! You know, normally if we suffered from cancer we would have to fight not only disease itself but also suffer from the heavy side effects of chemo therapy and radiation treatment. I wish I could see this revolutionary cancer treatment being used all over the word!!

this video worth watching for everybody=^-^=

This is the story of a passenger who faces the monument of death and what he felt at the famous accident of the plane landing on to the Hudson River in New York in January 2009. After this experience he realized what is important his life.
I think that this video worth watching for everybody.

I’m deeply inspired by her life.

I’m deeply inspired by her life. If you have a dream, you should chase it. We have own dreams but give up so easily because there are lots of obstacles in the way. But if we acquire a skill to make the right choice, nothing is impossible.=^-^=


This story should be made into a movie!!

This TED video is amazing!!
Although I only understood 80% of the English in this TED video, I was deeply moved. One stupid drunk driver caused a severe accident in which this woman was injured. But, after a lot of people’s cooperation and her consecutive effort, she finally regained her health!! This story should be made into a movie!!



http://www.ted.com
When Ramona Pierson was 22, she was hit by a drunk driver and spent 18 months in a coma. At TEDxDU she tells the remarkable story of her recovery -- drawing on the collective skills and wisdom of a senior citizens' home.

YouTube videos for people studying Japanese

I started making videos for people studying Japanese. They are very short, but every video has a description written in Japanese and English. I have many regrets in my life, but if I worry too much about my failures in the past, I will miss opportunities in the future. That's for certain, right? That is why I love these quotes. I hope that someone will use my videos for studying Japanese.=^-^=

http://www.youtube.com/user/00002797

50 First Dates

50 First Dates
50回目のファースト・キス

This movie is based on a true story.
この映画(えいが)は実話(じつわ)を元(もと)にしています

Imagine if you fell in love with someone and couldn't remember it the next morning.
想像(そうぞう)してください。もしも、あなたが誰(だれ)かと恋(こい)に落(おち)ちても、翌朝(よくあさ)には、全(すべ)て忘(わす)れているのです。

What would you do?
あなたならどうなさいますか?

This movies ending is very memorable, heart‐warming and impressive.
この映画(えいが)のエンディグは、ものすごく心(こころ)に残(のこ)って、心(こころ)温(あたた)まるだけではなく、圧倒(あっとう)されてしまいます。

Of course, only the ending is fiction.
もちろん、エンディグだけは創作(そうさく)です

But
I like it very much^^
I hope you like it too^^
でも、
すごく好(す)きな映画(えいが)なので
皆様(みなさま)のお気(き)に召(め)します事(こと)を願(ねが)っております

To tell you the truth, I don't like romantic comedies because they bore me. But, I couldn't miss it because it was based on a true story! I absolutely love watching movies based on a true story!
正直(しょうじき)、ラブコメは退屈(たいくつ)なので、好(す)きではないのですが、事実(じじつ)を元(もと)にした話(はなし)となると、もう、絶対(ぜったい)に見逃(みのがす)すわけにはいきません。大好(だいす)きなのです。

Lucy (Drew Barrymore) had a car accident and after that she can’t remember anything I mean she can only remember what happened that day until she falls asleep at night.
事故(じこ)にあってからルーシーは何(なに)も覚(おぼ)えることができなくなってしまいました。正確(せいかく)には、夜(よる)に眠(ねむ)りにつくまでは、覚(おぼ)えているのです。

When she goes to sleep and wakes up the following morning, she doesn't remember anything that happened yesterday.
夜(よる)に眠(ねむ)りについて、翌朝(よくあさ)、目覚(めざめる)めると、昨日(きのう)のことを何(なに)も覚(おぼ)えていないのです。

OK? Am I making sense?
上手(うま)く、説明(せつめい)できてるかな?

Anyway, she has to repeat the same day forever.
とにかく、彼女(かのじょ)は同(おな)じ日(ひ)を、永遠(えいえん)に繰(く)り返(かえ)さなければいけないのです。

And her family too, because they don't want her to be shocked.
彼女(かのじょ)をショックから守るために、家族(かぞく)も、永遠(えいえん)に、同(おな)じ日(ひ)を繰(く)り返(かえ)すのです。

The day is before the car crash.
The day is her fathers’ birthday.
それは事故(じこ)の前日(ぜんじつ)、父親(ちちおや)の誕生(たんじょう)日(び)なのです

For men eating cake everyday is a nightmare.
Once every 3 days is acceptable but I don’t want to eat it continuously.
男(おとこ)にとって、毎日(まいにち)ケーキは悪夢(あくむ)です。3日(か)に一回(いっかい)ならば、まあ、なんとか食(た)べられますが、続(つづ)けては、嫌(いや)だな、、、、

Lucy presents the DVD "The Sixth Sense" to her father and they watch it together everyday with her brother as well. Her mother passed away long ago.
ルーシの父親(ちちおや)への誕生(たんじょう)日(び)プレゼントは、「6センス」のDVDです。お母(かあ)さんは亡くなっているので、お兄(にい)ちゃんと、お父(とう)さんとルーシーの三人(さんにん)で、毎日(まいにち)、見(み)るのです。

Have you ever seen The Sixth Sense? The ending is unbelievable. I was astonished by it. I don’t want to see the same movie every day ,especially “The Sixth Sense” if you’ve already seen it ^^you know what I mean.haha-^-^ But she doesn’t remember the ending.That's why,She can be surprised every day. That might be the only benefit of memory dysfunctions.
「6センス」見(み)たことありますか?ラストが、ありえないですよね。ビックリしちゃいました。でも、一回(いっかい)見(み)れば十分(じゅぶん)で同(おな)じ映画(えいが)を毎日(まいにち)って、特(とく)に「6センス」って、既(すで)に御覧(ごらん)になった方(かた)は判(わか)ると思(おも)いますが、彼女(かのじょ)は何(なに)も覚(おぼ)えていないのです。だから、毎日(まいにち)、驚(おどろ)いてしまうのです。記憶(きおく)障害(しょうがい)の唯一(ゆいいつ)の利点(りてん)かもしれません。

Anyway!!
Even someone like me who don't like romantic comedies can actually enjoy this movie!
とにかく、ラブコメが、あまり好(す)きではない、僕(ぼく)のような方(かた)でも、楽(たの)しめるのです

1/29のTOEIC申込みましたので、テキスト買っちゃいました

I applied to take the TOEIC test on January 29th and I bought new textbooks to study for it. I love buying new text books. I know I already have a lot of text books. I may have over 10 books. I know I should review each book at least three times, but I couldn't resist buying a new text book. Anyway, I've never finished the TOEIC test within the time limit. I always finish with a quarter of the reading part remaining. Someday, I wish I could read English at exactly the same speed as Japanese. That is my dream.=^-^=
I will do my best!!


DVC00017_20111109002929.jpg

P1000005.jpg

IREZYUMI

The reason I watch U.S. movies and dramas is so that I can enjoy them and at the same time it’s a good way of studying English for me. So, today I would like to introduce a drama called “Terminator the Sarah Connor Chronicles”. This story describes the story of what happens between Terminator 2 and 3. In Terminator 2, terminator is sent in as a substitute for John’s father but in this drama, the terminator is female. She looks like a school girl, cute and calm, but she is tough enough to fight the enemy. Summer Lyn Glau played the role of “Cameron”, and her acting performance is amazing!! She never laughs and her motion really looks like robot. That, however, is not my main point here. For me, the biggest surprise is one of John's friends "Derek”, he has a tattoo on his chest in Japanese みどりwhich means green and we Japanese sometime use that as a female’s name. I thought he might have a Japanese girlfriend or wife whose name is みどり. I know that in the United States, tattoos are in style. There are lots of people who have them, from famous celebrities like “Angelina Jolie” to normal people. They have tattoos on their bodies with their favorite saying or lots of design patterns like a flower or anything - you name it. Also lots of people engrave their sweetheart’s name on their body as proof of eternal love. However a few months later, I read someone’s blog about Derek’s tattoo. That actor’s name is “Brian Austen Green”. He just tattooed his name on his chest! From the Japanese perspective, this is a little bit beyond our imagination. I would never have expected that. Actually, I found that more astonishing than the ending of the Terminator TV series. Oh, by the way, in Japan tattoos remind us of gang members, but recently in the young generation they tattoo their body as a fashion but I don’t think anyone tattoos their name in their chest. Here I have a question: in the USA, is it common to your own name on your body?
僕(ぼく)がアメリカの映画(えいが)やテレビドラマを見(み)る理由(りゆう)は、楽(たの)しみながら、同時(どうじ)に英語(えいご)の勉強(べんきょう)もできるからです。今日(きょう)はターミネーター サラ・コナー・クロニクルズと言(い)うドラマを紹介(しょうかい)したいと思(おも)います。映画(えいが)のターミネーターの2と3の間(あいだ)の御話(おはなし)です。映画(えいが)のターミネーター2は、父親(ちちおや)の代わりとして、男(おとこ)のターミネーターが送(おく)り込(こま)まれるのですが、このドラマでは、ジョンを護(まも)るターミネーターは、可愛(かわい)くて大人(おと)しそうな高校生(こうこうせい)の女(おんな)の子なのです。サマー・リン・グローがキャメロン役(やく)を演じて(えん)います。彼女(かのじょ)の演技(えんぎ)は素晴(すば)らしくて、本当(ほんとう)にロボットっぽいのです。ほとんど笑(わら)わないし、動(うご)きも完璧(かんぺき)にアンドロイドみたいなのです。ものすごい演技力(えんぎりょく)のあるアクターだと感心(かんしん)しました。でも、僕(ぼく)が驚愕(きょうがく)したのは、ジョンの味方(みかた)の一人「デレク」、彼が自分(じぶん)の胸(むね)に「みどり」と刺青(いれずみ)を入れていた事です。日本(にほん)では刺青(いれずみ)はヤクザのイメージが強(つよ)いので、入(い)れている人(ひと)は少(すく)ないのですが、アメリカでは刺青(いれずみ)はファッションの一つで、アンジョリーナ・ジョリーとかの有名人(ゆうめいじん)から、普通(ふつう)の若者(わかもの)まで、花とか、いろんなデザインの模様(もよう)や自分(じぶん)の好(す)きな言葉(ことば)、恋人(こいびと)の名前(なまえ)を刻(きざ)んでいるのは知(し)っていました。だから、僕(ぼく)は、彼の恋人(こいびと)か奥(おく)さんは日本人(にほんじん)で、名前(なまえ)は「みどり」さん、なのだと思(おも)いました。でも、数ヵ月後(すうかげつご)に誰(だれ)かのブログに、役者(やくしゃ)の本名(ほんみょう)がブライアン・オースティン・グリーンで自分(じぶん)の名前(なまえ)の刺青(いれずみ)を自分(じぶん)の胸(むね)に入れているのだと書(か)いてありました。恋人(こいびと)の名前(なまえ)を彫(ほ)るのは永遠(えいえん)の愛(あい)の証(あかし)なので理解(りかい)できるのですが、自分(じぶん)の名前(なまえ)を、自分の胸(むね)に刻(きざ)むのは日本人(にほんじん)の常識(じょうしき)とはかけ離(はな)れていて驚愕(きょうがく)しました。日本(にほん)では刺青(いれずみ)はヤクザのイメージが強(つよ)いので、あまり人気(にんき)がありません。でも、最近(さいきん)は若(わか)い人(ひと)たちはファッションとして入(い)れているようです。だけども、自分(じぶん)の名前(なまえ)を胸(むね)に彫(ほ)っている人(ひと)はいないと思(おも)います。アメリカでは自分(じぶん)の名前(なまえ)を、自分(じぶん)の胸(むね)に彫(ほ)るのは普通(ふつう)なのでしょうか?

dog
I found this picture on the net. It is so nice, so I would like to share with you.
Lily a 6 year old great dane lost his eyesight due to a rare disease. He became disheartened until he met Madison. They have been together for 5 years and Madison guides Lily by the leash and touches him to make sure he doesn't stumble over anything. The picture reveals how dependent and loving they are to each other.
この写真(しゃしん)はネットで発見(はっけん)したのですが、とても素晴(すば)らしいので、皆様(みなさま)にも、紹介(しょうかい)しますね。
Lilyは6歳(さい)のグレートデンです。彼(かれ)は珍(めずら)しい病気(びょうき)にかかって失明(しつめい)してしまいます。彼はMadisonと出会(であ)うまでは、落(お)ち込(こ)んでいました。彼(かれ)らはもう五年間(ごねんかん)も一緒(いっしょ)にいます。MadisonはLilyが何(なに)かにつまずかないように気(き)をつけながらガイドしています。この写真(しゃしん)は、彼(かれ)らが、とても深(ふか)い愛情(あいじょう)の絆(きずな)で結(むす)ばれているのを示(しめ)しています。 

The Japanese translation is mine but English I just copy from the original post,999,999,999 people

Cultural differences

Cultural differences
The Japanese Way of celebrating on Halloween, Christmas and Valentine’s Day.
In Japan, usually we don’t celebrate Halloween, but we do celebrate Christmas. Kids like Christmas because they get presents and eat a huge Christmas cake. Christmas has nothing to do with religion in Japan. It is the festival of eternal love. The holiday is a huge event for young people who have beloved ones, but it means nothing for those who don't have a girlfriend or a boyfriend. Actually, it is the least favorite day of the entire year for single people. There are lots of happy couples in town. If you are single during Christmas time, you feel deeply depressed. Young people don’t want to spend Christmas alone, which is why in December they are trying to find lovers. The sad thing is that by January of next year, lots of couples break up. Why? Because of that they weren't attracted to each other so much from the beginning. Or perhaps they neither had much in common or any respect for each other. The reason for them dating was just an attempt to avoid the loneliness of the Christmas season, that’s all. So if you are looking for a girlfriend or a boyfriend, you had better take your time and make sure that your partner has the same values in life. But unfortunately, if you spend too much time looking for the perfect partner, you will end up spending your whole life alone. So you should think positively! There is another event coming up on February 14th called Valentine's Day. I think in USA men give chocolates or flowers to women when they are in a steady relationship with, but in Japan a girl has to send chocolates to the boy whom she's in love with. There is another tradition practiced only here in Japan. A girl can send chocolate to the guy whom she likes but isn't dating yet. You know Japanese girls tend to be shy and try to conceal their feelings, but only on this day, every girl can have enough courage to express her emotions. So, some shy girls are waiting for this day. If a guy accepts her affection, then on March 14th, which is called, “White Day,” he has to send not only white chocolate or marshmallow but also jewelry to her and invite her to a romantic dinner at an expensive restaurant. This is how we celebrate Japanese Valentine’s day. But, I’m just trying to explain how things are in general. Not every single person is fond of this custom. Some people feel that it’s extremely stupid and criticize it for being too commercialized. People especially criticize a thing called "giri choco." I found good explanation from Wikipedia; ” Giri choco (義理チョコ, literally, "obligation chocolate" in Japanese) is chocolate given by women to men on Valentine's day. It is a relatively cheap type of chocolate women gives to male co-workers, casual acquaintances, and others to whom they have no strong attachment. Giri choco is lower-quality than honmei choco (本命チョコ, expensive chocolates women give to their romantic partners).” Haha, Wikipedia is very useful. I’m always wondering who is writing Wikipedia. Anyway I also read some articles written by native English. Some people feel resentment against the Japanese way of celebrating Christmas because Christians believe that day is very sacred. However, what I want to say here is that in Japan, we've been taking foreign customs as an event of our life without religious sides. I think that it is a good thing even though superficial. It's good because couples go to dinner and guys buy presents. Girls will buy cosmetics and garments to look pretty. These sales help and boost the economy which will make everyone happy. Nowadays I think that not only Japan but the rest of the world is also ruled by the law of capitalism not by the law of the divine. I think that is good thing because under capitalism every nation is connected in some way, and depends on each other. So we practically don’t have to worry about world WarⅢor some other huge war. Recently, even in the Middle Eastern region, there have been some revolutions to collapse despotic regimes. The world is beginning to unite as one. Of course, I know the uncontrollable greed of the human race is starting to harm Earth's environment. One example is global warming. Currently, our economy is experiencing a recession because of the increasing price of natural resources. However, I believe that scientists from around the world can solve the problem. I think in the near future, scientists will be able to invent some new technologies, like a highly efficient solar panel by using nanotechnology or something. I don't know much about technology but I strongly believe that they will do this in the near future. So, I don't worry too much about our future. What do think?

diary

Last night I had a dream in which I was speaking English. But the moment I woke up I forgot what my dream was about. Anyway, yay!! I read somewhere that if you are speaking a foreign language in your dreams,it means that your speaking ability is improving rapidly. I wish I could dream in English every night! But I don't think it will happen very often. Anyway, have you ever had a dream in which you have spoken a foreign language besides your native language?
プロフィール

TOSHIAKI

Author:TOSHIAKI
Recently, I don’t post this blog. I am using my Lang-8 account.
( http://lang-8.com/92944)

趣味としてTOECを半年に一回ぐらい受けているのですが、同じ時間に同じ問題を全国で10万人以上の人が一斉に受験する一体感や客観性が大好きです。同じテストを受けているから、HUMMERさんや満点講師達のすごさが実感できるのですね。

TOEIC
790

My favorite sayings are=^-^=

Learning something new
is my greatest pleasure!!

The difficulties of life
are intended to
make us better, not bitter.
人生における困難は
我々を屈強にする苦境ではない

My favorite song is Queen's
I Was Born To Love You!!

My favorite movie is
The Shawshank Redemption!!

What's yours?



好きな食べ物は
ラーメン「サッポロ一番味噌ラーメン」にプレーンヨーグルトを大さじ二杯入れると超おいしいですよ。おすすめです。


好きなテレビ番組は
トラッドジャパン、日本人も知らない日本語の語源とか伝統行事の由来を英語で説明してくれているので、超勉強になりますよねね=^-^=

カテゴリ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。